HOME > 家づくりのこと > 設計コンセプト > 機能とデザイン

設計Concept→ 機能とデザイン

造作家具・動線・収納力

どこに何をどう仕舞う?収納力の確保!

買い置きの食品、ゴルフバッグ、掃除機、トイレットペーパー等等・・・。収納したいものはたくさんありあます。
日頃の過ごし方をヒアリングして、出来るだけたくさんの収納を確保できるようにしています。
DSC_9921.jpg

DSC_1086.jpg

子供部屋はフレキシブルにカラフルに

子供部屋は、お子さまが小さいうちはフリースペースとしておいて、個室が必要な年齢になってから間仕切りをつくるというのも、ひとつの手です。また、自分の好きな色の壁紙(クロス)を選んで個性を引き出すのも人気です。

002.jpg

家族を見守るキッチン

キッチンから部屋を見渡せる位置にレイアウトすれば、家族の様子を見守りながら、毎日のお料理に取り組めます。さらに水廻りをまとめて、家事動線を短くなるよう工夫すれば、毎日の移動が楽になります。

やっぱり欲しい和室

お子さまのお昼ねスペースやゲストルームとして、和室はやっぱり、ひと部屋あると重宝します。リビングとつながりをもたせたレイアウトにすれば、部屋をより広く感じられます。

naikan2.jpg

無料でプランをお作りできます。
プラン作成をご希望の方は、コチラから。
お電話でも、ご依頼頂けます。
075-575-1510(受付時間:10:00-19:00)

naikan4_2.jpg

ロフトは大人の隠れ家!お篭り族、急増中?!

小屋裏空間を利用したロフトは最近、大人の趣味スペース「お篭り空間」としての利用が人気です。天井高さに制限のあるこぢんまりした空間で、落ち着いて過ごすのも、たまにはいいですね。

設計コンセプト

自然エネルギー設備

制振装置(evoltz)

ZEH(nearlyZEH)

住いづくりのながれ