自然エネルギー設備→ ECO断熱(セルロースファイバー)

Cellulosefiber

セルロースファイバーとは

「セルロースファイバー」とは、新聞紙をほぐした紙の繊維でつくられる素材のことをいい、私たちは住宅用断熱材として使用しています。

セルロースファイバーは木からつくられる紙でできた自然素材で、その上、製造から廃棄までのエネルギーが他の断熱材と比較して最も小さく、環境を配慮した「地球に負荷のかからない」エコ断熱材といえます。
セルロースファイバーは、様々な太さの繊維が絡み合い、空気の層をつくることはもちろん、1本1本の繊維の中にも空気胞が存在しています。

この空気の存在がいっそう熱を伝えにくくしているうえに、木質繊維特有の吸放湿性を持っているので、適度な湿度を保っています。
このように、セルロースファイバーは断熱材としては希な、「断熱性能」と「吸放湿性」の両方を兼ね備えた「呼吸する究極の断熱材」といえます。

セルロースファイバーの魅力

① 新聞紙から生まれた自然素材
セルロースファイバーの最大の魅力は、何と言っても、自然素材であることです。新聞紙を主原料としているので、木から生まれた断熱材と言っても過言ではありません。人にも安心、家にも安心、地球にも安心な優れた断熱材です。
② 防湿層(ビニールシート)が不要なシンプルな工法
近年、室内側にビニールシートを貼る断熱工法が増えています。これは、建物の内部に湿気が入らないように防御するものですが、セルロースファイバーの家では必要が無いものです。 セルロースファイバーの家は、余計なものを足さなくても、シンプルな工法で優れた省エネルギー性能を実現する理想の断熱材です。
③ 隙間のない施工により、高い断熱性能を発揮
セルロースファイバーの施工は、専任技術者であるCFマイスターが行います。 CFマイスターによる乾式吹き込み工法で、隅々まで均一な密度で充填されるセルロースファイバーは、優れた快適性能と省エネルギー性能を発揮します。

ECO断熱の特徴

断熱性+調湿性+防音性+防熱性+防露性

断熱性
素材の熱伝導率は、0.04W/m・Kで高性能グラスウールと同等です。
調湿性 と 防露性
原料である木の繊維が湿気を吸ったり吐いたりする機能があり、湿気の多い季節でも結露を発生する危険が少なく、適度に調湿してくれます。
防音性
厚さ100mmと密度55kg/m3の効果により、優れた防音性能を発揮します。家全体の防音性能がアップするので、リビングシアターやピアノの音が軽減して安心です。
防燃性
混和するホウ酸・ホウ砂の働きにより、万一の火災の時でも、炎が急激に燃え広がる危険がありません。

省エネ等級4の仕様基準

屋根
185mm(92.5mm)
天井
天井160mm
90mm
外部に接する部分:135mm
その他の部分90mm
開口部の基準
Ⅲ地域(3.49W/㎡・k)
Ⅳ/Ⅴ地域(4.65W/㎡・K)

セルロースファイバーの性能

断熱材別・製造エネルギー

種類 断熱材 製造エネルギー
石油発砲系  ウレタン&EPS  900~1400/kwhm
鉱物繊維系  クラス&ロックウール  100~700/kwh m
木質繊維系  セルロースファイバー 14/kwh m

断熱材別・製造から廃棄までのCO2排出量 LCCO2

断熱材 製造時のCO" 排出量 廃棄時のCO2 排出量
ウレタン&EPS 3.2kg-CO2/kg 2.6kg-CO2/kg
グラス&ロックウール  1.5kg-CO2/kg  2.5kg-CO2/kg
セルロースファイバー  0.1kg-CO2/kg 0.004kg-CO2/kg

[情報元]地産eco断熱協会

設計コンセプト

自然エネルギー設備

制振装置(evoltz)

ZEH(nearlyZEH)

住いづくりのながれ