HOME > works > 建築実例 > case10 狭小地でも明るく開放的に「

CASE10 狭小地でも明るく開放的に

建築場所:京都府京都市 / 建築士:K.HABU 

レポート

狭小地でも明るく開放的に

8.jpgご要望は「明るく、開放的な住まい」
ご契約済みの敷地とよく似たOB様宅をご案内。狭小地でも開放的で明るい家づくりができる事を実感して頂きました。予算内でより良いものを提案できるように建築士が掘り出し物を探し、樹脂サッシや3階の床を無垢フローリングにグレードアップしたプランを実現。 ディテールにもこだわった使い勝手の良い住まいに。

設備・仕様

KEIJI 標準仕様

床暖房
リビングダイニング
オール電化
※ガスもお選び頂けます
ペアガラス
全ヶ所
断熱材
セルロースファイバー
造作家具、造作建具
※TVボード・階段など、詳細はお問合せください
無垢の床材
リビングダイニング ※無垢フローリング以外もお選び頂けます
通し柱
オール4寸の集成材
照明器具
詳細はお問合せください
食器洗浄機他
詳細はお問合せください

長期優良住宅と同じ耐震等級2を確保し、省エネ等級は最高ランクの4に対応しています。

詳しく見るLinkIcon

こども部屋書斎ダイニングキッチン造作家具トイレ玄関収納外観