HOME > works > 建築実例 > case13 子どもを優しく見守る住まい

CASE13 子どもを優しく見守る住まい

建築場所:京都府向日市 / 建築士:K.HABU

レポート

子どもを優しく見守る住まい

8.jpgご要望は「暖房効率が良くて、子ども達が寂しがらない住まい」
建替え前は北向きの敷地で、薄暗く圧迫感があり、冬はとても寒かったそう。明るい住まいを希望するものの吹抜けは寒いのでは?と不安を持たれていましたが、吹抜けとピクチャーウィンドウで開放的なプランのOB様宅を真冬にご見学頂き「これなら大丈夫」と、不安は解消。病気の時に子ども達を寝室で寝かせたくないという奥様の想いで、キッチンから見守れる位置に和室を。開閉自由な造作建具で客間としての役割も。

設備・仕様

KEIJI 標準仕様

床暖房
リビングダイニング
オール電化
※ガスもお選び頂けます
ペアガラス
全ヶ所
断熱材
セルロースファイバー
造作家具、造作建具
※TVボード・階段など、詳細はお問合せください
無垢の床材
リビングダイニング ※無垢フローリング以外もお選び頂けます
通し柱
オール4寸の集成材
照明器具
詳細はお問合せください
食器洗浄機他
詳細はお問合せください

長期優良住宅と同じ耐震等級2を確保し、省エネ等級は最高ランクの4に対応しています。

詳しく見るLinkIcon

階段造作ピクチャーウィンドウリビングロフト洋室クローク玄関収納外観和室LDK