HOME > works > 建築実例 > case14 機能的なスッキリスタイル

CASE14 機能的なスッキリスタイル

建築場所:京都市山科区 / 建築士:M.YOSHIDA

レポート

機能的なスッキリスタイル

8.jpgご要望は「とにかくお部屋をスッキリさせたい」
南側に吹抜けを設け、道路に面した窓を少し高めに設置することでプライベート性と開放性の両方を確保した設計に。向いのお家や通行人からの視線を気にする事なく、たっぷりと光りを取り込む事ができます。壁掛けテレビをスッキリ見せる造作家具には高級感のあるアクセントクロスを採用、存在感がありつつも重い印象にならないようバランスにこだわりました。裏面にはファミリークロークがあり、帰宅後すぐに収納できるのでリビングはいつもスッキリ。

設備・仕様

KEIJI 標準仕様

床暖房
リビングダイニング
オール電化
※ガスもお選び頂けます
ペアガラス
全ヶ所
断熱材
セルロースファイバー
造作家具、造作建具
※TVボード・階段など、詳細はお問合せください
無垢の床材
リビングダイニング ※無垢フローリング以外もお選び頂けます
通し柱
オール4寸の集成材
照明器具
詳細はお問合せください
食器洗浄機他
詳細はお問合せください

長期優良住宅と同じ耐震等級2を確保し、省エネ等級は最高ランクの4に対応しています。

詳しく見るLinkIcon

吹抜けTVボードファミリークローク1ファミリークローク2キッチン収納パントリーリビング玄関屋根裏収納外観