HOME > works > 建築実例 > case23 コンパクトでもゆとりの空間

CASE23 

建築場所:大阪府東大阪市T様邸 / 建築士:K.HABU

レポート

コンパクトでもゆとりを感じる、愛らしい住まい

8.jpgご要望は「限られた敷地内で、なるべく広くて明るくして欲しい」 子供時代を過ごした家を譲り受け、建替えを計画されたTさん 「現在(建替え前)の間取は少し手狭に感じる」というご相談を受けて、建築士が提案したのは「2WAYな間取」」「室内を明るくする採光窓」「お施主様らしさ」をポイントにしたスペースを最大限に活用できるプラン。家族が集まるリビングと畳スペースの間仕切には可動式の建具を採用し、開閉によって”広がりのある空間”と”プライベートな空間”の2WAYに変化する間取。 視線を気にする事なく室内に自然光をとり入れられるよう、道路に面した窓は高めに設置するなど、暮しやすさにも配慮。 ステンドグラスドアやアクセントクロスなど、Tさんの柔らかなセンスが感じられる住まいが完成しました。

LinkIcon住まレポを見る

設備・仕様

KEIJI 標準仕様

床暖房
リビングダイニング
オール電化
※ガスもお選び頂けます
ペアガラス
全ヶ所
断熱材
セルロースファイバー
造作家具、造作建具
※TVボード・階段など、詳細はお問合せください
無垢の床材
リビングダイニング ※無垢フローリング以外もお選び頂けます
通し柱
オール4寸の集成材
照明器具
詳細はお問合せください
食器洗浄機他
詳細はお問合せください

長期優良住宅と同じ耐震等級2を確保し、省エネ等級は最高ランクの4に対応しています。

詳しく見るLinkIcon

外観ステンドグラスドアリビングキッズルームロフト(キッズルーム)寝室ウォークインクローゼット畳スペース(オープン)畳スペース玄関収納キッチン洗面