HOME > works > 建築実例 > case31 収納動線で無理なくスッキリ

CASE31

建築場所:京都府京田辺市M様邸(新築工事) / 建築士:M.YOSHIDA

レポート

収納動線で無理なくスッキリ

8.jpgご要望は「収納がたっぷり欲しい」「リビングをスッキリさせたい」「実家とのつながりがある家にしたい」「子供達が巣立ったあと、夫婦だけでも快適に暮らせるようにしたい」というもの。 玄関からリビングまでの通路が来客用家族用に分かれているM様邸。 家族用通路の動線を「玄関収納 」→「ファミリークローク」→「リビング」にすることで、子ども達の保育園のカバンや洋服も、仕事の荷物も自然の流れで片付けられるようになっています。扉を閉めれば、家族用の通路が来客の目に付くこともありません。 ウッドデッキからご実家の様子も分かり、勝手口から気軽に行き来きすることもできる、ご実家とつながりを感じる住まいを実現しました。

LinkIcon住まレポを見る

設備・仕様

KEIJI 標準仕様

床暖房
リビングダイニング
オール電化
※ガスもお選び頂けます
ペアガラス
全ヶ所
断熱材
セルロースファイバー
造作家具、造作建具
※TVボード・階段など、詳細はお問合せください
無垢の床材
リビングダイニング ※無垢フローリング以外もお選び頂けます
通し柱
オール4寸の集成材
照明器具
詳細はお問合せください
食器洗浄機他
詳細はお問合せください

長期優良住宅と同じ耐震等級2を確保し、省エネ等級は最高ランクの4に対応しています。

詳しく見るLinkIcon

ウッドデッキダイニング畳スペースキッチン&パントリーLDK玄関収納ウォークインクローゼット子供部屋家庭菜園お絵かき吹抜け吹抜け(2F)脱衣所外観