HOME > works > 建築実例 > case7 将来を見据えたフレキシブルプラン

CASE7 将来を見据えたフレキシブルプラン

建築場所:京都市山科区 / 見学:OK / 建築士:K.HABU 

レポート

将来を見据えたフレキシブルプラン

8.jpgご要望は「予算内でお任せ」
以前のお住まいではリフォームをさせて頂き、今回は新築のご依頼を頂きました。 ご提案させて頂いたのはお子様の成長に合わせ、将来は2部屋に分けて使える子供部屋。扉・窓・収納を2つずつ設計し、勾配天井を活かして8畳程のロフトも。テレビボードやディスプレイできるリビングのカウンター、玄関前の格子は材料を使い分けた造作でコストを調整させて頂きました。

設備・仕様

KEIJI 標準仕様

床暖房
リビングダイニング
オール電化
※ガスもお選び頂けます
ペアガラス
全ヶ所
断熱材
セルロースファイバー
造作家具、造作建具
※TVボード・階段など、詳細はお問合せください
無垢の床材
リビングダイニング ※無垢フローリング以外もお選び頂けます
通し柱
オール4寸の集成材
照明器具
詳細はお問合せください
食器洗浄機他
詳細はお問合せください

長期優良住宅と同じ耐震等級2を確保し、省エネ等級は最高ランクの4に対応しています。

詳しく見るLinkIcon

ダイニングリビングディスプレイカウンターキッズルームAキッズルームBトイレ外観A外観Bベッドルーム洗面