HOME > works > 住まレポ > 京都市伏見区W様邸

住まいレポート

京都市伏見区W様邸(新築工事)

REPORT1  

地盤調査

2015.12.25

クリスマスの記念すべき日に伏見区W様邸の現場がスタートしました。
W様とは土地探しからのお付き合いで、1年程かかってようやく良い土地に巡りあうことができました。
これまでも気になる土地で何度かプランを作成させていただきましたので、土地が見つかってからのお打合せはスムーズに進みました。

解体後の更地になった土地を購入されたのですが、それまでは建物が建っていたので、土地表面は締め固まっています。
おなじみのスウェーデン式サウンディングにて、地面の中の調査を行います。

地盤調査地盤調査

REPORT2  

地鎮祭

2016.01.09

とても気持ちのいい天気の中で、伏見区W様邸の地鎮祭を行いました。
そしてそのあと、弊社事務所にて仕様のお打合せをしました。

土地の四方をお清めしていただきました。
お子様達もみんな真剣にお清めをしてくれたので、これで安全に工事ができます。
地盤改良
僕(吉田)と社長の小杉も加わって、みんなで記念の集合写真☆
地盤改良

大人はみんなで仕様打合せ。
床の色や建具の色、屋根の色、外壁の色…等々サンプル確認しながら決めていきます。
かなりイメージが固まっていたので、サクサクと決まっていきました。
仕様打合せ
大人達が必死に仕様打合せしているので、お子様達は空気を読んで(?)か静かに遊んでくれてました。
とても仲の良い三姉妹です。面倒見の良い一番上のお姉ちゃんと、天真爛漫な二番目のお姉ちゃん、それと僕のだっこでねんねしてくれる妹ちゃんです。
仕様打合せ
打合せ中にお絵かきをしたものを最後にもらいました。流石女の子ディズニー好きですね。 めっちゃ上手です。ありがとう♪
仕様打合せ お絵かき

REPORT3  

既存塀解体

2016.02.04

地盤改良をする前に、敷地内に残っていた塀を撤去することにしました。

専用のハツリ機でブロックを解体していきます。ドドドドドッととても力強くハツれます。
人力解体

人力解体では困難なところになると、重機の出番です。一日で解体されました。
重機解体

REPORT4  

地盤改良工事

2016.02.10

地盤改良工事です。
場所が山際なので、それなりにしっかりとした地盤ではありましたが、それでも柱状改良が必要でした。
重機の先端にこのドリルをつけて掘削していきます。
掘削ドリル


掘削した後はこんな風に孔が開きます。
ここに改良セメントを流し込んで、改良杭を作ります。
地盤改良
運転席にはレバーがたくさんあって、とても難しそうです。モニターには深さ等のデーターが映し出されていますよ。
地盤改良

REPORT5  

基礎・鉄筋工事

2016.02.15

地盤改良が終わり、杭ができたので次は基礎工事です。
重機で掘削しながら、地面をならして建物の基礎の底面の下地を作ります。

掘り方

鉄筋を組み上げます。下にあるシートは防湿シートといって、湿気が上に上がってこないようにする為に敷いています。
鉄筋工事

鉄筋が組みあがれば検査を受けて、合格してから型枠を組み上げコンクリートを流し込みます。

型枠組立

しっかりと養生して、型枠を外します。キレイな基礎ができました。鉄筋もしっかりできてバッチリです!

基礎工事
完成した基礎の上に物差しを置いてレベルという機械で一か所づつ高さチェックしていきます。

基礎天チェック





REPORT6  

土台伏せ(ピン工法)

2016.03.03

土台の材料が搬入されました。
ピン工法

こちらは、ピン工法で使う金物。
ピン工法
金具を取り付ける孔加工をしているのは、大工の栄次くん。
社長指導のもと一つ一つ丁寧に作業し、仕事を覚えようと貪欲に頑張っています!
ピン工法


孔加工した木材に社長の小杉が金物を取付ています。
ピン工法
土台に金物がしっかりと取り付けられました。
ピン工法
相手側の土台も、加工は最小限です。
ピン工法

<ピン工法>
木造の建物は柱や梁の繋ぎ手に木材を切りかいだり加工をして組み上げていきます。加工した木材は断面が少なくなってしまいます。
そこで、断面欠損を極力少なくする為に本来加工をしていた部分に金物を使うのが、ピン工法です。

REPORT7  

上棟

2016.03.08

上棟です!!

材料を吊り上げるために、大きなレッカー車がやってきました。
アームもぐんぐん伸びて、かなりの高さです!
上棟

材料はレッカー車が吊ってくれますが、それを組み上げるのは大工さん。
屋根の上で足が震えるような所でも、サクサクと作業が進められています。
上棟

上棟を無事終える事ができました。
「これからの工事も安全に進みますように」と、心を込めて四方をお清めして、
最後はお施主様と工事関係者みんなで記念撮影☆

上棟

おめでとうございます!

REPORT8  

木工事

2016.03.10

上棟も無事に終え、これからは大工さんがメインの木工事が始まります。

W様邸の棟梁は、ベテランの小林さん。
実は社長の小杉を指導してくださっていた、お師匠さんなのです。

工事の段取りや仕上がり等、若手大工の指導もしてくださいます。
木工事

建物に取り付けられている装置は木造住宅用制振装置『evoltz(エヴォルツ)』
地震の衝撃から大切な住まいを守ってくれます。

制振ダンパーエヴォルツ

地震が起きたとき、一番大切なことは家族や大切な人の命を守ること。
でも、家の損傷がひどければ、その後の生活が大変です。
家を守る事は、家族の生活を守ることに繋がっていると思います。

エヴォルツなら、小さな揺れから振動のエネルギーを吸収して建物の構造部材が損傷することを防ぎます。LinkIcon制振ダンパーエヴォルツについて

REPORT9  

防水工事(FRP)

2016.03.22

バルコニーの防水工事をしました。

白い板はケイカル板という火に強い材料で、防水をする前の下地の状態です。
バルコニーは、水が流れるように勾配を取ります。
防水下地.jpg

下地の上にFRP防水をしました。
これで雨が降っても大丈夫!
奥に水が流れるようの孔(ドレン)も防水工事の時に取り付けます。

FRP防水.jpg

<FRP防水>
FRPという繊維強化プラスチックを用いてバルコニーの防水工事をしていきます。FRPは防水性はもちろん耐水性耐衝撃性・成型性に優れています。

REPORT10  

中間検査

2016.03.24


耐力壁と構造金物をつけて、中間検査を受けました。

検査員さんが、図面通りの建物になっているか、一か所づつチェックされています。

検査風景.jpg

検査は合格☆

中間検査

REPORT11  

床暖房工事

2016.04.01

床に敷かれているのは床暖房のマット。
床暖房はリビング・ダイニングとキッチンにも敷いていますので、冬場も足元からポカポカで過ごせますね。

マットの位置は、現場で大工さんと床暖房屋さんが打合せをして決めていきます。
床暖房のマットの中にはお湯が流れるチューブがあるので、釘を打ってしまうと大変です。そのため、しっかりと打合せが必要なんですね。


床暖房


床暖房

REPORT12  

フローリング工事

2016.04.04

二階のフローリングを貼っています。
フローリングの下にある緑色の床は遮音の為のボードです。

フローリング工事
施工しているのは、大工の佐賀君(右)と栄次君(左)。
二人で二階のフローリングを、一日で貼り終えます。

『あて木』をフローリングにあてて材料同士をとめていきます。
床材のサネ(材料が組み合わさる凹凸部分)がつぶれないように気を付けて施工しています。

フローリング工事

REPORT13  

階段工事

2016.04.11

<階段工事>

階段をかけるのはとても難しいので、ベテラン大工さんの技が光ります。

フローリング工事

階段が完成し、二階の上り下りが楽になりました。

<電気配線工事>

フローリング工事

お施主様と現場で打合せをして、電気屋さんにコンセントや照明の配線をしていただきます。

フローリング工事

コンセントもたくさんあるので、どこの線なのか見ていると頭がこんがらがっちゃいます(^^;)

もちろん、電気屋さんはきちんと把握して配線してくださいますのでご安心ください。

REPORT14  

塗装工事

2016.05.13

<造作家具の塗装工事>
いきなり、怪しげな人物が登場…
謎の調色士【MORITA NO TOSOU】だそうです
以外な一面を見てしまいました(;'∀')
さてさて、そんなお茶目なモリトソさん(セカオワ風に呼んでみました☆)今回も丁寧に塗装工事をしてくださいました。
今日の塗装はオーダー造作家具です。

↓画像をクリックすると、謎がとけるかも♪

塗装をする上でかなり重要になってくるのが、実は塗装前の養生なんです。 しっかりと養生をすることで、その後の作業効率がグンと上がります。 
塗装工事塗装工事

塗装する色は現場で調色するのでどんな色にでもできます。2Fの主寝室のカウンターは床の色に合わせて落ち着いた色に仕上がっています。

REPORT15  

外構工事

2016.05.31

外構工事がスタートしました。
完成後にはアプローチで造作塀と植栽が招き入れてくれます。

外構工事

造作塀はブロックを積んで下地を作ります。
それに埋込ポストとインターホンの配線を入れます。

外構工事

ブロックの表面に左官屋さんが仕上げ処理をしています。

表面が仕上がり、ブロックの目地が消えて一枚の壁になりました。

外構工事

<2016.06.10>
外構に塗装工事がされて完成です!

外構工事

植栽の緑が映えます映えますね☆ \6月11(土)12(日)は完成見学会です/

外構工事

REPORT16  

お引渡し

2016.06.13

W様邸のお引渡しです!
吹抜けに視線を向けると、可愛いモビールがユラユラ♪
取付位置はバランスを考えながら、奥様と打合せさせていただきました(^_^)

吹抜け

モビール

ハートのモチーフも可愛いらしいですね。

モビール

お子様が3人並んで座れるスタディーカウンターは、足がスッポリ入る 掘りごたつ式 だから、楽な姿勢で座れます。
キッチンから目が届くので、家事をしながらお子様を見守れるのも嬉しいですね。

スタディーカウンター

スタディーカウンターの間接照明は奥さまのご希望。
お子様が寝た後の”大人時間” をゆったり過ごせそうですね。

記念撮影

土地探しからお手伝をさせて頂き、本日お引渡しも無事完了。
最後はみんな揃ってパシャリ!と記念撮影です
W様本当におめでとうございます。これからも宜しくお願いいたします。