HOME > works > 住まレポ > 京都府京田辺市MA様邸

住まいレポート

京都府京田辺市MA様邸(新築工事)

REPORT1  

ショールーム案内

2016.07.23

LIXILとTOTOのショールームをご案内させていただきました。

まずはキッチン。
住宅設備の中でも、キッチンは機能がたくさんあります。
Mさまも、担当アドバイザーさんの説明に熱心に耳を傾けていらっしゃいました。
「こんな便利な機能があるの!」なんて新しい発見も楽しいですね。

ショールーム案内

半身浴など女性のイメージも強いお風呂ですが、意外にご主人がこだわりをもたれている事も多いのが浴室。
「仕事終わりにゆっくりくつろぎたい」「こども達と一緒に入りたい」などニーズに合わせて浴槽の種類も様々です。

ショールーム案内

ズラリと並んだカラフルなサンプルたちに心が躍りますね。
お部屋の雰囲気を考えながら、お好みの色をお選びいただきます。
さて、Mさま邸ではどんな色が選ばれるでしょうね♪

ショールーム案内

ショールーム見学お疲れさまでした。
1日がかりでしたが、最後まで笑顔いっぱいでピースサイン♪

ショールーム案内

REPORT2  

解体前準備

2016.09.04

今日は工事を着工するのに縁起が良い日だそうです(^^)
日曜日だったので、ご近所迷惑にならないよう、騒がしい音がでない範囲で解体工事をさせていただきました。

解体前準備

9月とは思えないくらいの猛暑の中、お施主様とお父様も軍手にタオルで協力してくださいました。解体前準備
ありがとうございました!

REPORT3  

解体前準備

2016.09.10

気持ちのいい秋晴れの中京田辺市M・A様邸の地鎮祭を執り行いました。
地鎮祭
『エイッ!エイッ!!』と掛け声を掛けながら、専用のクワを使って砂山を耕します。
地鎮祭
地鎮祭は色んな儀式を行います。
地鎮祭

こちらは、榊の葉を祭壇に奉納しているところです。
地鎮祭
お姉ちゃんも頑張って奉納してくれました。
地鎮祭
みんな集まって記念撮影!これから工事開始です。
地鎮祭

REPORT4  

地盤改良

2016.09.13

地盤改良が始まりました。
まずは、敷地の支持層がどの深さにあるのかを調査します。
地盤改良
声を掛け合いながら杭穴を開けつつ、改良杭を施工していきます。
地盤改良

地盤改良
改良杭の頭をコテで平にします。
この下に5Mの深さまで改良杭が作られています。
地盤改良

REPORT5  

基礎工事

2016.09.16

地盤改良が終わって基礎工事着工です。
まずは掘方をして基礎の底板部分を掘削していきます。
基礎工事
鉄筋は縦方向と横方向の鉄筋が等間隔に入っています。
下の写真では、職人さんがベース部分の鉄筋を専用の機械で結んでいます。
この機械、実は初めて見ました! とてもキレイに鉄筋を結んでいて、しかもスピーディ~。
基礎工事


ぼこぼこした鉄筋の交差してる所に、針金でグルグルっと結んであるのが見えますでしょうか?細くて見づらいですが、前の写真でご紹介した機械で結束するとこのようになります。
基礎工事

立上りもできて基礎配筋工事は完了です。
この後鉄筋検査を受けましたよ。
結果は、もちろん合格でした(^^)
基礎工事

REPORT6  

土台伏せ

2016.10.21

基礎が完成しました。
コンクリートの中にはビッシリと鉄筋が入っています。
(詳しくはREPOT5基礎工事を参照くださいね。)
土台伏せ

土台伏せの材料が搬入されてきました!
トラックのクレーンで現場におろしています。
吊られているのは、1階床部分の材料です。
土台伏せ

アンカーボルトの近くにある黒い線に沿って土台(木材)が乗せられます。
線を出す作業は墨出しと言って、狂いなく直角になるよう専用の機械を使って大工さんが行います。
土台伏せ

基礎から出ているアンカーボルトに緊結するため、ドリルで穴をあけています。
写真では分かりませんが、ボルトの位置と穴がずれないよう、こちらも事前に印をつけてから作業しています。
土台伏せ
土台から出ているピンの上に柱がささり、しっかりと固定されます。

REPORT7  

上棟

2016.10.27

これ以上ないッ!てな具合の超気持ちのいい天気の中、京田辺市MA様邸の上棟をしました。
クレーン車のアームが青空の中に伸びていっているのがかっこよかったです。

上棟

上棟には、担当以外の設計スタッフも現場に集合します。
作業の役には立たてないので、片付けや掃除をメインにお手伝いさせてもらっています。
担当以外のお施主様とお会いできる貴重な日ですね(^^)

上棟

下屋(1Fの屋根)がある場合は先にこのノボパンを貼らないといけません。
けっこう急がないといけないので社長の小杉自ら作業しています。

上棟

そして垂木を流して屋根の下地を作ります。
見事な連携!
上棟
夕方になると少し風が出てきました。
ただでさえ不安定な屋根で板を担いでいます。
大工さん・・・やはりすごい身体能力。
上棟
上棟を無事におえて、建物の四方+角にお清めです。
お姉ちゃんは清めの塩を担当してくれました。
お清め上手だったよー。
上棟
上棟に携わってくれた業者さんと、お施主様ご家族とみんなで記念撮影。
日が落ちると肌寒くなってきましたね。
みなさん、お風邪など召されませんようにお気をつけください。
上棟

REPORT8  

大工工事

2016.10.28

無事上棟も終わり、大工工事がスタートしました。
今回はベテラン大工の寺谷さんが棟梁として叩いてくれます。
大工工事
作業する顔は真剣ですが、カメラを向けるとスーパースマイル♪
大工工事

こちらは、大工の佐々木くん。
寺谷大工のベテランの技を見て日々精進しています。
大工工事


屋根の破風・鼻隠しと呼ばれる部分の下地を取り付けています。
寺谷大工の動きは無駄がなく見てて気持ちがいいです。

写真うつりもバッチり!なんだかCDのジャケットになりそうなくらいの1枚です。
大工工事

REPORT9  

制振ダンパーエヴォルツ

2016.11.11

MA様邸には計14本の制振ダンパー(エヴォルツ)がついています。
制振ダンパーエヴォルツ
ここ最近日本だけでなく世界各国で地震のニュースをよく耳にしますね。
もしもの時に、14本の制振ダンパーが家を守ってくれます。
制振ダンパーエヴォルツ

耐力壁と構造金物ができたら、壁ができて隠れてしまう前に中間検査を受けます。
中間検査

ケラバ側の瓦は一体袖となっているものを使っています。
仕上がりがスカ―となってとてもきれいな印象があります。
瓦

REPORT10  

断熱工事

2016.11.19

寒さも暑さもやはり断熱工事をすると全然違うので断熱材のありがたさがよくわかります。
屋根と天井の間にはセルロースファイバーを降り積もらせます。
セルロースファイバー

壁の断熱はセレラップに切り込みを入れて吹き込んでいきます。
吹き込んだ後を手で押すと、パンパンに入っているのがわかります。
セレラップ

御幣(おたふく)は小屋裏に設置して、ここから家を見守ってくれます。
御幣

REPORT11  

床暖マット・電気工事

2016.11.25

床に敷いてある銀色のマットが床暖房です。
リビング・ダイニング・キッチンに設置されます。
暖かい空気は上に上に上がっていくので、床暖房は足元がポカポカして気持ちいい暖房器具です。
床暖房

スイッチやコンセントの配線をしています。
電話の位置やTV・パソコンの位置はお施主さんと現場で打ちわせをして決めました。

電気工事

配線工事が終わったら、大工さんが壁を作っていきます。

REPORT12  

足場解体

2016.12.15

ついに足場を解体する日が来ました!

足場を解体すると高い所に上がることができませんので、それまでに換気扇フードや雨樋を取り付けます。

足場バラシ

解体する前は建物の様子があまり分からないので、いつも足場の解体が楽しみです。 個人的には『いよッ!待ってましたーッ!!』って感じです。
足場バラシ



足場バラシ

足場がなくなり家の中がとても明るくなりました♪
吹抜の窓から空が見えますね。ここから気持のちいい光が入ってきています。
足場バラシ

REPORT13  

塗装工事

2017.01.07

大工さんが造作したものを塗装屋さんが仕上げます

塗装工事

造作家具はゴムの木の集成材を加工して作りました。
1枚4メートル以上ある板を大工さんは加工します。表面の凹凸をなくすためペーパーをあてて滑らかにしています。
塗装工事

塗装する前のカウンターです。棚には重いものを乗せても大丈夫なように補強がしてあります。
塗装工事

その後塗装屋さんが仕上げます。今回は床の色に合わせて塗装してもらいました。
どんどん完成に近づいてきています。
塗装.jpg

REPORT14  

クロス工事

2017.01.12

吹抜の高い所はローリングタワーという足場を組んで工事します。
ローリングタワー

これがあるのとないのでは作業性や安全性が全然違います。
ローリングタワー

現場でカーテンの打合せをしています。
カーテン屋さんが部屋の雰囲気やお施主さまのイメージを聞いて提案をしてくださいました。
カーテン打合せ

カーテンレールもどれがいいかサンプルを見ながら決めていただきました。
カーテン打合せ

REPORT15  

大工仕上げ

2017.02.01

大工さんが建具を吊っていよいよ完成です。
この後床養生をめくってもらいます。
大工仕上げ

養生をめくり、ようやくフロアーが見えました。
この後は美装工事と畳納品で本当に完成です。

養生めくり


ブランコ

お施主さんこだわりのエコカラットを貼りました。
TVボードの背面はファミリークロークになっており、便利な動線になっています。

テレビボード

REPORT16  

外構工事

2017.02.01

砂利の下には防草シート(黒いシート)を敷いています。防草シートがあれば雑草が生えにくいです。
防草シート

外構屋さんとコンクリートの寸法を現場で確認しています。
寸法確認しているのは僕(吉田)です。

現場寸法確認

タイル屋さんが乱形タイルを貼っています。形がバラバラの石を整えながら仕上げていく、根気とセンスがいる作業です。
乱型タイル
リビングと和室の掃き出し窓から続くウッドデッキの施工風景。
南側の庭なのでここで腰かけて日向ぼっこ…なんて想像するだけでウキウキします。
ウッドデッキ

REPORT17  

完成・お引渡し(その1)

2017.02.19

ついにMA様邸が完成!

外観.jpg

玄関は北側。南側にプライベート性の高い庭があります。さらに日当たり抜群の庭は畑まであるんです。

吹抜(東からの光).jpg

吹抜の東面には縦長のFIX窓があり、気持ちのいい朝日が入ってきます。空だけ見えるこの窓、天気のいい日は気持ちよさ倍増です。

ニッチ.jpg

玄関ホールにあるニッチはエコカラットとガラス板を組み合せています。
写真や季節のものを飾っていける楽しい玄関ホールです。

TVボード.jpg

TVボードの背面はSCLとつながっていてファミリークロークになっています。
壁は御主人さんこだわりのエコカラットを貼っています。エコカラットには消臭効果、調湿効果があるだけでなく、意匠性も高いのでリビングのいいアクセントになっています。

REPORT18  

完成・お引渡し(その2)

2017.02.19

リビングと和室.jpg

リビングと和室(閉めた).jpg

来客があった際に、和室は建具で仕切れるようになっています。高さを天井まで特注で作っているので、普段は開けておいて一つの空間として使えます。



記念写真.jpg

お引渡しでMA様と一緒に写真撮影…って、あれー!?
お子さん達がお膝に乗って仲良しだったので、社長の小杉までが僕の膝にッ!

記念写真(取り直し).jpg

僕の膝が小杉の重みに耐えられなかったので、撮り直し☆
MA様、おめでとうございます。これからも宜しくお願い致します。