HOME > works > 住まレポ > 京都市山科区NR様邸

住まいレポート

京都市山科区NR様邸(新築工事)

REPORT1  

地鎮祭

2017.08.20

これからの工事の安全を祈願して施主様にお清めをしてもらっています。
敷地の鬼門の方角から順にまわって、敷地の角をお清めしていきます。

地鎮祭地鎮祭

地鎮祭地鎮祭

地鎮祭も滞りなく終了。
8月真っ只中でとても暑い日でしたが、Aちゃんは良い子にぐっすり眠ってました。

REPORT2  

ショールーム案内

2017.07.31_09.03

お風呂にキッチン、トイレに洗面台…
家にはたくさんの設備住器があるので、ショールームに行って、メーカー各々の特徴やデザインを確認していきます。

なんとご主人さんとTOTOの営業さんは地元の幼馴染でした。
お二人の地元は九州の方なのですごい偶然ですよね。
ショールーム案内
どういった色が好みなのか、たくさんあるサンプルから選びます。
ミニチュアの模型も使ってイメージを固めていきます。
ショールーム案内

【シンク】
ショールームではイチオシの機能や性能を実演してくれます。
このシンクは油性マジックでラクガキをしても水をつけてこするだけで汚れが落ちます。 つまり油汚れが水だけでキレイになるんです。
ショールーム案内
【レンジフード】
キッチンのレンジフードの掃除はかなり面倒。
手がかからないレンジフードがたくさんあります。
このレンジフードはお湯を入れると換気扇内部をキレイに洗ってくれます。
最後にそのお湯を捨てるだけ。
ショールーム案内

REPORT3  

地盤調査・地盤改良

2017.09.06

いよいよ山梨区NR様邸の工事がスタートします。
まずは現状敷地のアスファルトをめくるところから始まります。

大きい機械でアスファルトをめくっていきます。
すごいパワーでガンガンめくれていきます。
地盤調査・地盤改良

一日でキレイにめくり終わりました。
【アスファルトめくり前】
地盤調査・地盤改良

【アスファルトめくり後】
地盤調査・地盤改良

解体後に地盤調査を行います。
専用の機械で地面の中の支持層がある深さを調べます。

地盤調査・地盤改良

ちょっと反射して見にくいですが、調べている地盤の深さと地面の地耐力のデーターが出ています。
今回はだいたい地面から3Mくらい下に強い地盤がありました。

地盤調査・地盤改良

調査データーを元に地盤改良工事をしています。
柱状改良といって、建物を支える杭を強い地盤まで作ります。

地盤調査・地盤改良

REPORT4  

上棟の御幣作成

2017.09.06

上棟式にいつも登場する御幣(ごへい)の作成風景です。
御幣は上棟式の後、家の小屋裏にあげて工事の安全や施主様ご家族の繁栄を見守ってくれます。

御幣作成

お清めの塩や、魔除けのお札等を心を込めて、御幣に取り付けていきます。
御幣作成

御幣作成

施主様のお名前や上棟日を書いて、御幣完成です。

御幣作成

REPORT5  

基礎工事

2017.09.11

基礎工事はまずは掘方といって、整地をしつつ、土を出していく作業から始まります。
基礎の外周部は地面より下に埋まるので機械で掘っていきます。
基礎工事

掘り方後、基礎の鉄筋を組んでいきます。鉄筋の加工ができて現場に入ってくるので、かなり早く組みあがっていきます。
基礎工事

鉄筋が組みあがると鉄筋検査を受けます。そのあと、コンクリートを流し込みます。
基礎工事

生コンクリート車からポンプ車(青い車)にコンクリートを入れて、そこから長いポンプを通って、コンクリートが出てきます。

基礎工事

基礎のベース部(底板)にコンクリートが流れました。

基礎工事

ベースが固まれば立上りの型枠を組んで、またコンクリートを打ち込みます。

基礎工事

型枠を外して、基礎の完成です。

基礎工事

REPORT6  

土台伏せ

2017.09.20

基礎ができて、これから大工さんの工事が始まります。
上棟前に土台伏せをします。

土台材料が納品されました。
土台伏せ

基礎から出ているアンカーボルトと土台を固定する為に、土台に印をつけています。

土台伏せ


印をつけた場所に穴をあけます。
見事な連携プレイ!

土台伏せ

土台が敷けたらそのあと床合板を貼っていきます。
ここまでできたら土台伏せは終了です。
土台伏せ

REPORT7  

上棟

2017.09.26

とても気持ちのいい秋晴れの中、無事に上棟ができました。

上棟

敷地から空を見上げて写真を撮ってみたら青だけが撮影できました。
上棟日和という言葉を辞書でひいてみたら【今日みたいな天気のこと】って書いてありそう。

上棟

久々の夏日で大工さんもお疲れの様子。
しっかり休憩してもうひとふんばりです!休憩中も笑い声が響いて楽しそう。

上棟

上棟式をして、最後にみんなで記念撮影☆
さぁ、これからが本番です!頑張りますよー!

上棟

REPORT8  

材料搬入

2017.10.04

現場にサッシが搬入されました。

材料搬入

ガラスと一体になってるので重いです。


材料搬入

瓦も搬入されました。
材料搬入

どんどん搬入されて少しづつできていきます。

材料搬入

REPORT9  

防水工事・瑕疵担保検査

2017.10.13

外壁の透湿防水シート工事が始まりました。

防水工事

屋根も葺けて、これで雨が降っても大丈夫。
まずは一安心です。
屋根工事

バルコニーのFRP防水工事もできたので、瑕疵担保検査を受けました。
防水の立上りや水勾配等細かく規定値があります。モチロン合格!さらに一安心。

瑕疵担保検査

木造住宅にとって水は天敵となるので、防水は大事です。
大工さんが取り付けている緑色の部材はウェザータイトというもの。ウェザータイトは万が一雨が入った場合、家の躯体に影響がないように雨水を外に排出してくれる言わば最後の門番的なものです。
サッシ下や換気口にこれを取付ています。
ウェザータイト

ウェザータイトを取付て、その上にサッシを取り付けます。外から見るとこんな感じです。
ウェザータイト

REPORT10  

断熱工事

2017.10.14

袋に入っているのが断熱材の材料のセルロースファイバーです。
断熱工事

セルロースファイバー手で砕いて青色の機械に入れていきます。

断熱工事

砕かれたセルロースファイバーはホースと通って運ばれて行きます。
もう一人が壁や床に吹き込んでいきます。断熱工事

かなりの圧力で吹き込んでいくのでぎっしりと詰まっています。

断熱工事

REPORT11  

床暖房パネル

2017.10.17

断熱工事の後は床暖房のパネルを敷きます。
寸法をしっかり計って家具等と干渉しないようにしています。

床暖房パネル

パネルが敷けました。 奥がリビングで手前がダイニングのパネルです。
床暖房パネル

パネルが敷けたらフローリング工事に入ります。

REPORT12  

現場打合せ

2017.10.21

玄関スペースはご主人さんのお気に入り自転車を飾りながら保管できるスペースになっています。

床暖房パネル

実際に現場にを持ってきてもらって、どの位置がちょうどいいかを一緒に検討しました。

床暖房パネル

事前に図面でもイメージを持ってもらっていましたが、やはり現場で確認するとさらにイメージが固まるのでいいですね。

REPORT13  

家具・建具工事

2017.10.26

カウンターや棚等の造作家具は集成材の板を加工します。
600㎜×4200㎜のとても大きな板で、搬入されてくるので重いです。

造作家具
ようやく階段がかかりました。
2階への登り降りはずーっとハシゴだったので楽ちんになりました。
作業効率・安全性も良くなりました。

階段


大工さんが階段下収納の建具枠を組み立てています。
どんどん内装も仕上がっていきます。

建具

REPORT14  

外構工事

2017.11.01

中と並行して、外壁工事も進んでいます。

まずは、外壁材をカットします。
外壁工事

カットした外壁材を釘でとめていきます。
外壁工事

外壁は胴縁という厚み15㎜の木材下地に釘打ちをしていきます。
その15㎜の隙間が通気層となり、壁内を自然と換気してくれます。
外壁工事

外部工事が完了したので、足場を外しました。
ようやく外観が見えましたー。
外壁工事
足場が取れたので、左官屋さん基礎の立上り部(基礎巾木)を仕上げてもらいます。
写真はエコキュートの架台を仕上げているところ。
エコキュートのタンクは満水になるとかなり重くなるのでしっかりした架台を作ります。
外壁工事