HOME > works > 住まレポ > 京都市伏見区TA様邸

住まいレポート

京都市伏見区TA様邸(新築工事)

REPORT1  

ショウルーム案内

2017.11.05

メーカーショールームをご案内。

数種類ある浴槽の形には、それぞれ特徴があります。
背の高いご主人の理想は、ゆったり入れる浴槽。
ショールーム案内
実際に浴槽に入って体験していただきました。
ショールーム案内

奥様は洗い場を体験。
座ってみると、収納棚の位置や、どういう感じにカガミに映るのかがよくわかります。
ショールーム案内

キッチンでは使いやすい高さを体験。
加熱機器やレンジフード、食洗器、水栓等がたくさーん集まっているので、ひとつづつ説明を聞いて決めていきます。

ショールーム案内

REPORT2  

解体工事

2017.11.09

いよいよ解体工事が始まります。まずは内部を手作業で解体していきます。
解体工事
足場を建てて解体のホコリ等が飛び散らないようにします。重機で解体作業を進めます。
前の道が狭いので、小型重機での作業になりますが、それでもすごいパワー!機械万歳!!
解体工事

解体工事中ノラ猫が日向ぼっこしながらこちらを見ていました。危ないから近づいちゃダメだよ。

解体工事

ホコリ等には十分に配慮しながら解体工事をしてもらい、しっかりと解体工事が終了しました。

解体工事

REPORT3  

地鎮祭

2017.11.23

TA様邸の地鎮祭を行いました。
前日の夜から雨が降ったのでもしかして延期かとも思いましたが、朝になれば晴れており、無事地鎮祭ができました。
白色の線は地縄といって、建物の壁の中心を示しています。それで建物配置や部屋の位置を確認します。
地縄

残念ながらこの日は息子さんはこれなかったのですが、用意してもらった地鎮祭セットに事前にしっかりご祈祷していただいています。
皆さんで敷地の角をお酒、お塩、お米、お清めの砂を使って清めます。

【お酒】
地鎮祭
【お塩】
地鎮祭

【お米】
地鎮祭
【砂】
地鎮祭

ラストはみんなで集合写真☆工事の着工は年明けからです。
これから京都市の景観課協議と建築確認申請を進めていきます♪

地鎮祭

REPORT4  

ショウルーム案内(2回目)

2017.11.23

地鎮祭を終えて、2回目のショールームをご案内。
ショールーム案内

みんなでキッチンの確認。
キッチンはやはり奥様と娘さんは真剣です。

ショールーム案内

選ばれた洗面台には普段のお化粧をするのに便利なお化粧ポケットがついています。
お化粧をされる人の話を聞くと、とても便利だそうです!

ショールーム案内

システムバスはミニチュア模型を使ってみなさんで会議。
たくさん意見が出て、白熱した会議になりました。

ショールーム案内

REPORT5  

地盤調査

2017.11.28

敷地の地耐力の調査に入ってもらいました。

地盤調査

建物の角4ヶ所と中央1か所を試掘して地耐力を測定します。
地盤調査

調査の結果、地盤改良が必要だったので、穴を掘って支持柱を作る柱状改良をします。

地盤調査

地盤調査

柱状改良の頭が見えています。ガッチリ補強しました!

地盤調査

REPORT6  

基礎工事

2018.1.24


地盤改良が終わったら、次は基礎工事が始まります。

鉄筋屋さんが基礎鉄筋を組み立てています。
事前に加工されて現場に入ってくるのでどんどん組みあがっていきます。
地盤調査
鉄筋の太さやピッチは構造計算によって決まります。
100㎜間隔で密に組まれています。
地盤調査

鉄筋チェック:コンクリートを流し込む前に鉄筋検査を受けます。鉄筋検査の前にチェックもします。
地盤調査

コンクリートを積んだ生コン車からポンプ車へコンクリートを送ります。

地盤調査

ポンプ車を経由して離れた場所でも効率よくコンクリートを流し込んでくれます。
地盤調査

基礎屋さん、ポンプ屋さん、生コン屋さん、みんなが力を合わせてコンクリートを打設していきます。
このあと立上りのコンクリートを打って、基礎は完成です。

地盤調査

REPORT7  

土台伏せ

2018.2.02

基礎が完成したら、大工さんが土台を敷きます。
床ができてしまうと配管工事が難しくなるので、土台の前に設備屋さんに配管をしてもらいます。

土台伏せ

プレカットされた土台材料が現場に搬入されました。

土台伏せ


基礎から出ているアンカーボルトに緊結していきます。

土台伏せ

今日の土台は大工さん二人です。
大きな物件ですが、この二人なら大丈夫でしょう!

土台伏せ

REPORT8  

上棟

2018.2.09

まだまだ寒いこの時期…天気の事がとても心配でしたが、今回の上棟もいい天気!!
大きい物件なので大工さんに9人集まってもらいました。

土台伏せ

建物が傾いていないか下げ振りを使ってタチを見ます。
組み上げていくだけでなく、こうやって垂直をしっかりと出します。
『もうちょい押してー!』とか大きい声が響きわたります。


土台伏せ

上棟式では建物の四方をお清めをします。

社長の小杉がお酒を
土台伏せ
ご主人様はお塩を
土台伏せ
奥様にはお米でお清めしていただきました。
土台伏せ
ラストはお施主様、工事関係者みんなで記念の集合写真。
これから完成に向けて現場をどんどん進んでいきますよー。

土台伏せ

REPORT9  

防水・屋根工事

2018.2.20

バルコニーにFRP防水をしました。
屋根がかかっているバルコニーなので、あまり雨は入ってこないのですが、それでも防水ができると一安心です。
防水工事

防水工事が終わると防水の検査を受けます。
バルコニー防水の立上りの寸法等細かく規定があります。

瑕疵担保検査


瓦屋根を葺く前に瓦下地の桟打ちをします。

屋根工事

しっかり寸法通りに下地を作ることでこのあとの作業がスムーズになります。

屋根工事

REPORT10  

断熱工事

2018.3.03

電気配線工事が終わり、断熱工事が始まります。
断熱材料(セルロースファイバー)が納品されています。
断熱工事

セルロースファイバーを専用の機械が壁の中に吹き込んでいきます。
手で押すとパンパンに詰まっているのが分かります。

断熱工事

断熱工事

セルロースファイバーを吹き込んでから気密シート(ピンク色のシート)を貼ります。
気密シートを貼ることで室内側の機密性能を高くして、室外側に壁内の湿気がいくようになります。

断熱工事

REPORT11  

大工工事

2018.3.12

片引き建具枠を取付けています。
下地作りは扉の開閉に重要なので丁寧に作っていきます。

大工工事

階段がかかりました。階段を下から見上げるとこういう風になっています。

階段工事

細かくビス(ねじ)を打ってガッチリとした階段にしています。
階段工事

吹抜に面する部屋には吹抜越しに光が入ってくるようデザインガラスがはめこまれています。

デザインガラス

部屋に光を取り入れ、吹抜からの景色もスッキリするデザインになっています。
ガラスの大きさや配置はお施主様と一緒に決めました☆

デザインガラス

REPORT12  

仕上げ工事

2018.4.3

キッチンとパントリーの間の垂れ壁は半円形ではなく、ちょっと遊び心を入れたアール形状になっています。


大工工事

TVボード下は寝転がっての作業になります。頑張れ大工さん!

階段工事

タイル屋さんが玄関タイルを貼っています。
この日は玄関からの出入りはできません。


階段工事

吹抜部分のクロスを貼る前とクロスを貼った後です。

デザインガラス

殺風景だった壁が一気に部屋らしくなりました。
デザインガラス

大工さんに建具を吊りこんでもらいます。この後養生をめくって美装をします。
水道、電気がつながっているのでほぼ生活ができるような状態になっています。

デザインガラス

REPORT13  

お引渡し

2018.5.2

元々ダイニングテーブルとして使っていたテーブルの脚を大工さんに切ってもらっいました。

思い入れのある家具が座卓として使えるようにしました。
座卓

キッチンの下にパントリー照明用のスイッチがあります。
※コンセントではありません。

足元スイッチ

これはこうやって足でON・OFFできるようになっています。
パントリーに行くのに両手がふさがっていてもこれなら大丈夫!
ちなみにお掃除ロボットがぶつかったりして勝手に照明がつかないような高さにもなっています。

足元スイッチ

ついに完成です!

リビング

デザインガラス

リビングには間接照明や開放感のある吹抜があり、とても気持ちのいい空間になっています。
吹抜け

TA様おめでとうございます。
これからも、よろしく願いいたします。