TEL075-575-1510

HOME > works > 住まレポ > 京都市伏見区HY様邸

住まいレポート

京都市伏見区HY様邸(新築工事)

REPORT1  

ショールーム案内(キッチン)

2017.12.29(LIXIL)

平日ということもあり、ゆったりとショールームをご覧いただけました。

お二人でキッチンの高さを確認中。
「うんうん、ちょうど良い高さ♪」
カタログで見るのとはやっぱり違います。
ショールーム案内

「フードのお手入れはどうなっているんだろう?」
ショールーム案内

気になるところは、カメラでパシャリ
ショールーム案内

2017.12.29(Panasonic)


IHは使ったことがないという奥さま。
ガスとの違いや、手持ちの調理器具が使えるかも気になるところです。

ショールーム案内

「ちょっと大胆なカラーで冒険してみる?」「これなら部屋の雰囲気と合うかな?」
たくさんのカラーから選ぶのも楽しい♪
ショールームでは、選んだ仕様を瞬時にシュミレーションで確認することができます。
ショールーム案内

REPORT2  

ショールーム案内(UB)

2018.1.13(Panasonic)


形状の異なる浴槽を体感、確認中。
将来 お子さんと一緒に・・・など楽しい想像をしながら♪

ショールーム案内ショールーム案内
シャワーヘッドやカランの種類も確認中。
ショールーム案内

2018.1.13(TOTO)


いい湯です!これいいかも。
ショールーム案内ショールーム案内

信頼のおけるアドバイザーMさんの的確なアドバイスと説明は抜群の安定感!
なるほど、「汚れ方が全然ちがいますね」

ショールーム案内

色々体験して、迷っちゃいますね。
ショールーム案内

REPORT3  

地盤調査

2018.2.17


金属のスクリューのついた棒を地面に突き入れ、地表から重みをかける作業を行います。
おもりをのせる度に棒の沈みがあるか、その沈みの状態はどうかを観察します。
計画予定建物の四隅+中央の5ヶ所を調査、判断します。

地盤調査

調査員のOさん。
重い調査機械とともに移動しながら スムーズに作業を進めてくださいます。


あまり 強い地盤が期待できない地域のため、結果がとても気になります。。

REPORT4  

地鎮祭

2018.2.20


HY様邸の地鎮祭。
風が強かったものの、2月にしては非常に暖かく、地鎮祭日和でした。

地鎮祭

城南宮から神主様にお越しいただき、地鎮祭がスタート。
まずは神様を祭壇にお迎えし祝詞を奏上し、土地を浄めます。

地鎮祭

地鎮祭

<地鎮の儀>
施主様が盛砂に鎌で草を刈る動作を行い、鋤で盛砂を崩します。
神主様が鎮め物を捧げ、鍬で盛砂を均します。

地鎮祭

<玉串奉奠>
参加者全員で、神様に謹んで玉串を奉り拝礼し、これから始まる工事の安全を祈願します。


地鎮祭

地鎮祭も滞りなく執り行われ、最後に記念撮影♪
いよいよHY様邸の工事がスタートです。

地鎮祭

REPORT5  

地盤改良

2018.2.21


地盤調査の結果、7~7.5mの柱状改良が必要になりました。

地盤改良は、セメントミルクと現場の土をゆっくり掘削・攪拌し、柱状のものを土中に作成し、支持層または支持層近くまで到達させる工法で、地盤内に改良柱体を築造し、地盤の安定を図ります。

建物の配置をもとに杭位置をだします
地盤改良

改良材(固化材)が積み上げられています。
こんなにたくさん!
地盤改良

改良材(固化材)と水を混ぜます

地盤改良

掘削開始です!
撹拌翼を地中で回転・上下させ、改良材と軟弱土の混合・撹拌を行います。
地盤改良

杭はいちばん深いところで7.5Mもあります。

地盤改良

レベル(水平基準)の確認をして 完了です。
地盤改良

REPORT6  

基礎工事

2018.2.24


朝陽が降り注ぐなか、いよいよ着工です!

墨出しをしています。

基礎工事

基礎工事
配筋完了!
基礎工事
第三者機関による配筋検査も問題なく合格しました。
基礎工事

配筋完了後、給排水工事の先行配管を行います 
基礎工事
息を合わせて、効率よく作業をすすめます。
基礎工事

設置された確認看板に、お客様はテンションアップ!

基礎工事

私たちは いよいよ始まるという緊張度アップ!
現場から虹が見えました!いいことありそうです!

基礎工事

REPORT7  

土台伏せ

2018.2.24


届いた材料を、作業がしやすいように、大工さんがまくばっています。
土台伏せ
基礎の上に基礎パッキンを置き、その上に土台を敷きます。
基礎パッキンは、基礎部と土台を基礎を絶縁して、床下を換気してくれます。
土台伏せ
大工さん3人が、もくもくと作業中。
土台に金具を取り付けています。
土台伏せ


レベルを確認しながら束の高さ調整していきます。
土台伏せ

土台伏せ

土台伏せ

REPORT8  

上棟①

2018.3.16


あいにくの雨模様でしたが…大工さんのおかげで無事上棟。
感謝感謝です>_<

四方にお清めをしていただきます。



上棟上棟

上棟




お茶目なおふたり?・・・いやいや 3人です。
上棟
乾杯!
上棟
お施主さまから、ステキなご挨拶をちょうだいしました。
上棟

お茶目なおふたりのおかげで 上棟式も楽しく終了。

REPORT9  

上棟②

2018.3.16



上棟式も無事に終えて、みんなで記念撮影。
現場確認
おふたりバージョンも♪
現場確認


上棟式後の現場確認は、奥さまは妊娠中のため、1階でお留守番。
「どんなかんじ??」と奥さま。
現場確認

ご主人さまがしっかり 写真を撮って報告。
『小屋裏 広いよー!!!』と大興奮!
現場確認

REPORT10  

木工事(制振ダンパー)

2018.3.17


制振ダンパーのエヴォルツ(evoltz)を設置しています。
エヴォルツは、地震の揺れ始めの瞬間から振動エネルギーを吸収し、建物への衝撃を半減させてくれる木造住宅用の制振装置です。

制振ダンパー

2018.03.24


大工さんがサッシを取り付けています。
木工事

窓がつくと家らしさが出てきますね♪
木工事

REPORT11  

屋根工事

2018.4.3


桟打ち完了!
下地の黒いシートはアスファルトルーフィング。
十分な重なりを確保して 長期間にわたる防水性能を保ちます。

屋根工事

瓦が納品されました!
こうして見ると、屋根にはたくさんの瓦が敷かれているんですね。

屋根工事


弊社の瓦は平板瓦。
屋根面と一体となる直線的なデザイン。
袖瓦は桟瓦との段差が無くすっきりとした一体袖でより洗練された印象です。

屋根工事 屋根工事

雪止めも取り付き、瓦葺き完了!

屋根工事

REPORT12  

木工事

2018.4.6


何を作っているところでしょう?

木工事(軒天)

梯子のようにも見えますね。

木工事(軒天)


先ほど組んだ部材は、軒天(屋根の軒裏部分)の下地でした。
このように、軒天の下地は予め組んでおいたものを施工していきます。
木工事(軒天)
軒天部分が仕上がりました。

REPORT13  

断熱工事(セルロースファイバー)

2018.4.3


壁・天井にはセレラップに少し切れ目をいれて、1階床は 一定間隔にあけた小さい穴から
セルロースファイバーを吹き込んでいきます。

断熱工事

作業はふたりで。
ひとりが 材料をほぐしながら機械に投入し、専用のブロア(送風機)でポンプを使って 吹き込み側の手元へ送ります。

断熱工事
断熱の施工も自社で行っているので、作業内容を新しいスタッフ(断熱の施工現場を初めて見ます!)先輩(ささきち)が丁寧に説明中。

まじまじ見つめて、熱心に勉強しております。

断熱工事

吹き込み完了!
きれいに掃除をして 次の工程に備えます。

断熱工事

REPORT14  

木工事(床)

2018.4.6


床暖房のパネル敷設が完了しました。

床暖房工事

大工さんはよりスムーズに作業ができるよう 次の動きを考えながら 材料を配置します。
床暖房工事


床暖房パネルの敷設後、フローリングを張ります。
フローリング工事

割付を考えながら、キレイに仕上がるように 絶えずチェックをしつつ、釘と接着剤で張り進めます。
フローリング工事

REPORT15  

OB様邸見学会

2018.9.03


M様邸(2016年2月お引渡)とK様邸(2017年5月お引渡)お邪魔させていただきました。
ご自身の家づくりを振り返り、いろいろお話を聞かせてくださました。

【M様邸】
OB見学会

OB見学会

OB見学会

2018.9.03


【K様邸】

OB見学会

OB見学会

OB見学会