TEL075-575-1510

HOME > works > 住まレポ > 京都府向日市NH様邸

住まいレポート

京都府向日市NH様邸(新築工事)

REPORT1  

地鎮祭

2019.1.27


前日の降雪がウソのような穏やかな日に
向日市森本町のNH様邸の地鎮祭を行いました。

地鎮祭

NH様ご夫婦と息子さん、大工社長の小杉が、建物の四方をお清めして工事の無事を祈りました。

地鎮祭

地鎮祭と合わせて、実際の建物の配置の確認もしていただきました。
「地縄」という作業で、建物が敷地に対してどの様に建てられるのかを確認します。

地鎮祭
今回はその準備作業の様子もご紹介します。

敷地境界から建物までのアキ寸法、建物の対角距離を確認しながら、地面にロープを張って建物の大きさが分かるようにしています。
ロープを敷地に張ると建物の大きさが一目でわかるようになりました。
図面だけでは分かりにくい大きさなども確認していただけます。
地鎮祭
地盤の高さも確認するために土地の高低レベルも一緒に測定。
これからの建築計画や外構計画など敷地の高さは重要です。(地盤=建物の基礎を支える土地)
地鎮祭

REPORT2  

雨水浸透桝工事

2019.2.04


向日市では良好な都市環境の形成を目指した「向日市開発行為等に関する指導要綱」の適切な運用と効率的な推進を図るために雨水の流出抑制に関する必要な技術的基準というのが定まっています。

とても難しい話のようですが、「敷地内に降った雨水は敷地内で処理をする」ということなのです。

想定している雨水量が超えた分だけを、道路側溝に流すことが出来ることになっています。そのため、下水道課と何度も協議を重ね、雨水浸透桝を計画し、今回工事をしました。

まず、敷地内で雨水を処理するために、雨水浸透桝の計画に必要な大きな穴を掘り、砂(フィルター砂といいます)を10センチ敷きます。
雨水浸透桝工事雨水浸透桝工事

続いて、フィルター砂を透水シートで包み、砕石を敷き詰めます。
 雨水浸透桝工事


計画通りに雨水浸透桝、有孔管を配管したら
雨水浸透桝工事

再度砕石を敷き、透水シートで全体を包み込みます。
道路側溝に開けた穴もちゃんと補修し、最後に土を入れて完成です♪
雨水浸透桝工事雨水浸透桝工事

最終は外構計画でキレイになりますが、雨水浸透桝の工事は以上で終了。
施工写真を添えて、向日市下水道課に設置完了通知書を提出します。
雨水浸透桝工事