HOME > works > 住まレポ > 大阪府島本町M様邸

住まいレポート

大阪府島本町M様邸(新築工事)

REPORT1  

ご契約

2015.8.19

本日、M様と請負契約をさせて頂きました。
希望に合う土地がなかなか見つからず土地さがしにかなりの時間を費やしましたが、根気よくお付き合い頂いたおかげで良い土地にも巡り合えました。プラン打合せを重ねて希望の間取りが出来て、この日を迎えられたことに感慨深い気持ちでいっぱいです。(建築士:吉田)

一級建築士事務所KEIJI 契約風景

一級建築士事務所KEIJI 仕様打合せ

契約に引き続き、仕様打合せをさせて頂きました。
タイルのサンプルはM様が持ち込まれたもの。
お気に入りのタイルメーカーのサンプルを見ながら、イメージを伺っているところです。奥さまのお気に入りは名古屋モザイクさんのCOLABEL(コラベル)シリーズ。
手洗いの一部に使用する予定です。

REPORT2  

ショールーム案内

2015.8.22

ショールームでは、専属のアドバイザーさんが機能や使い勝手を丁寧に説明してくださいます。実際に高さ・大きさ・色などを確認しながら選べるのでイメージがしやすいですね。(今回ご案内したショールーム:LIXIL/TOTO/Panasonic)
ショウルーム案内キッチン
キッチンは奥様が一番使われる場所なので、機能を確認しながら熱心にメモを取っておられました。

「みんなでお風呂に入ってもこんなに広いんや~!」「この壁の色落ち着く~♪」
と子供たちも楽しそうに体験してくれました。
お風呂ショウルーム案内
小さな模型を使ってお風呂の色を確認中、お兄ちゃんも一緒に色を選んでくれましたよ。スゴイ位置にカウンターがついていて笑いが起る一幕も。

REPORT3  

地鎮祭

2015.9.13

地鎮祭を行いました。天気も良く、気持ちいい気候の中でできました。
地鎮祭はその土地の神様に工事の安全を祈願する儀式です。
まず、敷地の鬼門から清めていきます。社長の小杉がお酒で清めてます。 続けて、お兄ちゃんの しゅん君 がお米を撒いてくれましたよ。

地鎮祭(酒)地鎮祭(お米)
地鎮祭(塩)地鎮祭(集合写真)

そしてご主人が塩でお清め。 なんとも豪快です!!   
M様ご家族と記念撮影。ハッピーオーラいっぱいの素敵なスマイルですね♪ 

REPORT4  

地盤調査

2015.9.14

地盤調査と地盤改良をする事で、しっかりした地盤に建物を支える杭が完成します。
まずは、建物を載せても大丈夫な地盤なのかスウェーデン式サウンディングにて地盤の調査をしてもらいます。
調査の結果深さ3Mより下にしっかりとした地盤があることが分かったので、その地盤まで穴を掘って柱状改良(柱状の杭)にて地盤改良をしました。
地盤調査地盤調査地盤調査

REPORT5  

基礎工事(掘削)

2015.9.18

地盤改良も終わり、気持ちのいい天気の中基礎工事がスタートしました。
まずは掘削をして土を出していきます。
基礎工事(掘削)
掘削した跡に見える灰色の部分が地盤改良で作った改良杭です。
これが地面の下にある強い地盤にささって建物を支えます。
基礎工事(掘削)

お施主様に用意していただいた、鎮物(しずめもの)を建物の中央に埋めます。
この土地の神様に工事の安全を祈願します。
鎮物
大きな重機を手足のように巧みに操っているのは基礎屋の山本さんです。
きっとガンダムとかも上手に操縦できるんだろうと思います。
重機
掘削した地面は転圧機を使って平にしていきます。写真ではわかりにくいですが、ドドドドッと小刻みに振動しています。
電圧機

REPORT6  

鉄筋検査

2015.9.24

本日はM様邸の鉄筋検査でした。
基礎の底板部分の配筋は「ベース配筋」13㎜の鉄筋が200㎜ピッチで格子状に組んでいます。
縦のラインも横のラインもキレイに鉄筋を組み立てている基礎配筋。
鉄筋の太さやピッチは構造計算をかけて決定しています。
ベース配筋基礎配筋

基礎の鉄筋は左手に持っている結束線と呼ばれる針金を右手に持っているハッカーと呼ばれる専用の道具を使って組み立てていきます。
ハッカーは先端がクルクル回ります。あっという間に組みあがっていきます。
鉄筋屋さん

基礎配筋を組み立てる前です。
地盤調査

鉄筋が組みあがりました。
そのタイミングで鉄筋検査を受けています。
図面通りの鉄筋かチェックをしてもらいます。
地盤調査

REPORT7  

基礎完成

2015.10.09

ようやく基礎が完成しましたー。
鉄筋検査に合格したので、基礎の型枠を組んで、コンクリートを流します。
地盤調査地盤調査

コンクリート養生が終わり、型枠をバラシました。キレイな基礎ができました!

地盤調査
基礎工事が終わり、これから本格的に建物の工事になります。
次は上棟!なのですが、その前に土台伏せがあります。
土台の材料が搬入されました。たくさんある土台材をクレーンを使っておろします。
写真右横に積み上げてある白いものは床下の断熱材です。

REPORT8  

土台伏せ

2015.10.16

基礎が完成して、これから大工さんの工事が始まります。
まずは基礎の上に土台を乗せます。土台伏せが終われば次は上棟ですよー。
地盤調査地盤調査地盤調査
(左)墨壺という道具をを使って、まっすぐな線を基礎に墨付しています。(中)基礎には土台をとめるアンカーボルトが出ています。その位置を土台に正確に印をつけます。(右)土台につけた印通りに穴を空けます。まっすぐ穴を空けるのも実は技術がいるんです。

REPORT9  

上棟

2015.10.20

M様邸上棟!!
とっても気持ちのいい秋晴れの中、めでたくM様邸の上棟をしました。
基礎の状態だけでは分からなかった建物のボリュームが分かり、お施主様とても喜んでおられました。
一日で骨組みを完成させます。天候・気温が気持ちよかったので、作業もはかどりました。クレーン車の竿が空高く伸びています。
『今は屋根の下地の板を貼ってるんだよー』『スゴイな!』『スゴイねッ!』と子供達も大興奮!!

上棟上棟
無事、上棟が終わり上棟式を行いました。上棟式では建物の四方をお清めして、工事の安全を祈願します。お兄ちゃんが力いっぱい清めてくれて、大活躍でした☆

上棟上棟上棟
M様家族と上棟に携わった大工さん・職人さん・KEIJIスタッフみんなで集合写真!みなさんお疲れさまでしたー。
上棟上棟

REPORT10  

制振ダンパー

2015.11.04

これからは大工さんがメインの木工事になります。
まずは耐力壁や構造金物の取付の工事です。M様邸は制振ダンパーを入れています。
地震が起きた際、このダンパーが車のサスペンションのように働き、建物の揺れを吸収してくれます。
M様邸はKEIJI初の制振性能が備わった建物なのです。

地盤調査地盤調査

斜めに取付けてあるのが制振ダンパー「エヴォルツ」です。
エヴォルツの実験映像を見てとても興味深々だったM様。
その効果を見ていただいているので、実物を見てとても満足されていました。

REPORT11  

金物検査・屋根工事

2015.11.11

今日は検査と屋根工事のスタートです。
毎回検査は少し緊張します。

住宅には必ず瑕疵担保保険というものに入らなければなりません。
防水や外壁の仕様等の検査をしてもらいました。
続いて耐力壁や構造金物の中間検査。
指定した構造金物がちゃんとついているか、建築確認通りにできているかを検査してもらいます。
瑕疵担保検査
内部結露を起こさないように、外壁にも換気が必要です。
温まった空気は上へ上へといきますので、屋根の一番高い所に換気用の開口を空けます。
屋根換気
換気用の穴に換気部材を取り付けました。
万が一雨が入ったりしないよう、防水テープを貼っています。
屋根換気

これから瓦を葺いていきます。
横に流れている木は瓦を打ち付けるようの桟木です。
屋根下地
桟木に瓦を1枚1枚釘で止めていきます。
素人なら瓦ごと割ってしまいそうですが、作業は手際よく進められ、1日で屋根が完成しました。 流石職人ですね!もちろん1枚も割れたりしていません。
屋根工事
朝は桟木だけだったのが、一気に景色が変わりました。
この瓦は遮熱効果がある瓦なので、夏の日射からの熱を低減してくれる効果があります。
屋根工事

REPORT12  

設備工事

2015.11.12

設備工事スタートです。

2階のLDKには床暖房が入ります。
床暖工事

床暖はカウンターやTVボードの位置をかわして設置してもらいます。

床暖工事

こちらは配管工事です。
キッチンやトイレやユニットバスを、設備の詳細図を元に正確に工事をしてます。

配管工事

スイッチや照明、コンセントの配線工事は、事前にお施主様と一か所づつ確認をして、高さ等をしっかりと決めました。

電気工事


REPORT13  

外壁工事

2015.11.18

サッシが入って、外壁工事が始まっています。

これは外壁(サイディング)を貼る下地の状態です。
このタイベックと書かれているものが万が一、外壁内に雨が入ったときに建物内に雨を侵入させない最後の砦となる防水紙です。
タイベックス

外壁の色はM様と何回も何回も打合せをして決めました。
その外壁材が納品されました。これから外壁が出来ていきます。
外壁工事

サイディング

REPORT14  

ユニットバス施工

2015.12.09

ユニットバスを施工する日が来ました。
育ちざがりのお子さまの洗濯は大変ですよね。
ママが効率良く洗濯物を干せるように、ちょっとした工夫も♪

ショールームで色々悩みながら決定された、ユニットバスがやってきました。
大きいトラックで運ばれてきたのは、全部ユニットバスの材料です。
ユニットバス施工

『すごいねぇ~』Kちゃんも興味津々のようす
ユニットバス施工

ユニットバスの床と浴槽ができたタイミングで
『2本目のポールはこの辺りになります~。』と説明をしてくださっているのは、サワシステムの沢田さん。 いつもに楽しく現場を盛り上げてくださいます。
ユニットバス施工

完成しました!
2本目のポールの位置を説明いていたのは、ハンガー同士があたらないように。
これで、効率よくお洗濯が乾きますね☆

高さも、奥さまが使いやすい高さに調整しています。

ユニットバス施工

REPORT15  

フローリング

2015.12.11

2Fの床は床暖房対応の無垢フロアーです。
床を一枚一枚慎重に、そして丁寧に貼っていって行きます、作業をしているのは社長の小杉 「本当に現場に出てるんですね!」っと驚かれることもしばしばですが、ほとんど現場に出ています。 なので、お打合せも作業着のままが通常スタイルです(^▽^;)
床暖対応無垢フローリング床暖対応無垢フローリング床暖対応無垢フローリング
床暖対応無垢フローリング床暖対応無垢フローリング
左の写真は、ヤスリを使って擦り合わせているところ。0.1㎜以下の精度の高い仕事が求められます。 写真右は階段の框と床材のアップです。ピッタリとあっているかどうか、細部まで目を光らせて丁寧に仕上げています。

REPORT16  

足場バラシ

2015.12.15

2015.12.15 足場バラシ

外壁や雨樋の工事が終わったので、外部を覆っていたシートと足場を外しました。
ようやく建物がはっきりと見えました。
淡い白のベースに濃紺のアクセントでメリハリのある外観です。
外観

軒裏の木目が全体をグッと締めています。 玄関横にはお施主様ご希望の丸窓がとてもかわいくて、家のアクセントになっています。
丸窓FIX



REPORT17  

塗装工事

2016.01.08

内部も外部も仕上げ工事が始まっています。
塗装をする前に、まずは養生をします。
TVボードの養生はけっこう大変です。いつもこんな感じでアクロバティックに養生をしてくれています。
塗装工事
いつも笑顔のモリタ塗装さんなのに、この日は顔を隠されてしまいました。
塗装工事

リビングの建具は特注で、お客さんと打合せを重ねてしてデザインを決めました。
塗装をする前に建具屋さんが建て合わせをしています。
建具工事


REPORT18  

左官工事

2016.01.08

外周基礎の立上りはモルタルの刷毛引きで化粧をします。
左官屋さんはケーワクスさんです。仕上げる前にまずは汚れを落としてからです。こういった配慮で仕上がりがぐーんと変わってきます。

左官工事左官工事


REPORT19  

外構打合せ

2016.01.11

塗装工事が終わりました。
カウンターも塗装ができました。現場で打合せを兼ねてお施主さんにも見ていただいています。
今回のカウンターは床の色に合わせました。
部屋全体の統一感がとても良い雰囲気です。
造作家具 カウンター
こちらはTVボード
造作家具_TVボード

さぁ、外構打合せの前にみんなで休憩だぁ~♪
みんなが集まっている所に小さな小川がサラサラ流れています。

外構打合せ

小川と言っても、小さな側溝なのですが、水はとてもキレイです。
お兄ちゃんは何かを捕まえました。(何だろう。。)Kちゃんも泥んこになって、二人とも上機嫌。 天気が良かったので大丈夫だとは思うけど、風邪ひかないでね。

外構打合せ


REPORT20  

クロス工事

2016.01.16


クロスの材料が入ってきました。こんなたくさんのクロス材が使われます。

クロス工事

それでは、上柳装飾さんにのクロス貼りの技をご紹介!

クロス工事

天井下地(ベージュに見える天井)にクロスをババっと貼って、軽く手で押さえて

クロス工事
そして専用のハケでサッサーと仕上げていきます。
クロス工事

見てたらホント、そんな感じなんです。
仕上がりを見てください。どこに継ぎ目があるかわからないですよー。
クロス工事

REPORT21  

番外編:建具制作工場

2016.01.17

番外編として、今回は造作建具をお願いしている「ひがき木匠」さんの工場をご紹介します。
建具の材料や何やら複雑そうな機械がたくさんあります。
建具制作工場

切る材料や厚みによって様々なカッターを使い分けるそうです。
スパイ映画とかの秘密の武器庫みたいで興奮しました。
建具制作工場

実際にカッターを使って切断する様子を見せていただきました。
刃が高速回転しているので、とても怖いです。
だからこそ横着な事は一切せず、一枚一枚丁寧に切断されていました。
建具制作工場
ノミと木槌を使って、建具の溝を作っています。
こんなにスゴイ機械があってもこういった仕上げの細かい技術は人がやっています。
これぞ職人!という姿を見せていただきました。
建具制作工場

REPORT22  

タイル工事

2016.01.17

玄関ホールにある手洗いスペースには名古屋モザイクのコラベルというカラフルでかわいらしいタイルを貼っています。
コラベルはたくさんの色がMIXされているタイプのものがあって、好きな色を組み合わせたり、色の比率を選んだりできて、自分好みのものを作ることができます。
お施主さまは、このコラベルをとても気に入っておられて、ショールームにも足を運んでおられます。
名古屋モザイク_コラベル

納品された商品は選んだ色の比率を機械が自動で配置してくるので、けっこう同じ色同志が隣り合わせになっていたりしているので、配色は全体の色のバランスや色が隣り合っていないか考えながら、お施主さまと一緒に現場で決めました。 タイル職人さんも協力してくれてあっちにやったり、こっちにしたり♪ パズルをしているみたいで楽しかったです。こちらもお施主さんのこだわられたスペースの1つです。
名古屋モザイク_コラベル

名古屋モザイク_コラベル

REPORT23  

美装工事

2016.02.03

M様邸もとうとう大詰め!今日は美装をしています。
今週末は完成見学会です。みなさんにお披露目できるのが待ち遠しいです。
美装屋さんがホコリや汚れをきれいにしてくれています。床、ガラス、棚板、設備全てピッカピカになります。
美装工事

照明スイッチの名前は全てお施主様が作ってくれました。好きな文字、好きな書体で作れるので、オリジナル感がとても出ています。
ちなみに、【Tatami Room】ってかわいいですね。

スイッチ

REPORT24  

外構工事

2016.02.05

コンクリートブロックを積んで、造作塀ができました。
埋込ポストだから、雨に濡れずに郵便物が取り出せます。
外構工事
積みあがったブロック塀の下地を左官屋さんが作って下さっています。
ここでキレイに仕上げて、塗装屋さんにバトンタッチ!
外構工事
造作塀は塗装とタイルで仕上げます。
タイルの前に塗装をします。
外構工事

タイルを貼って、最後に植栽を植えます。背の高い植物は『ポポラス』という名前です。ちょっとこの時期は少し紅葉して葉が少ないですが、暖かくなってくるともっとワサーとなります。
外構工事

これで外構工事が完了しました!
植栽が植えられ、あたたかみのある玄関アプローチになりました。
外構工事

REPORT25  

お引渡し

2016.02.13

ついにお引き渡しです。
たくさんの想いを詰め込んだマイホームが完成しましたー!

外観

現場ではクロスの打合せをしたのを最後に、『楽しみは完成まで置いておく!』と固い意志で見にこられなかったので、うれしさ爆発で完成具合を見てくれています。

お引渡し

KEIJI初の制振ダンパーを採用しています。少々の地震や風では揺れない建物です。その保証書をお渡ししました。
お引渡し_エヴォルツ
chihiro_bilstein.jpg
引渡では最終チェックと、設備や窓の開け閉め等のご説明をします。
それが終わってからみんなで記念撮影☆
とっっっても良い家ができました。おめでとうございます!
お引渡し