TEL075-575-1510

HOME > works > 住まレポ > 22-京都府宇治市O様邸

住まいレポート

京都府宇治市O様邸(新築工事)

REPORT1  

LIXILショールーム案内

2017.01.12

LIXILのショールームにお伺いしました。



写真はトイレの説明を受けているところです。
毎日使うものなので、しっかりと聞いていきます。
LIXILさんのイチオシ素材はアクアセラミックという素材を使ったトイレ。汚れがつきにくい素材で出来ていて、水の力だけでほぼキレイになるとのこと。



【100年クリーン】という名前がついています。


ユニットバスの色決めにはミニチュアの浴槽を用います。ミニチュアの壁と合わせると、ミニチュアのユニットバスが完成します。

REPORT2  

解体工事

2017.01.26

仮住まいへのお引越しが終わり、解体工事がスタートしました。

ON様は建て替えなので、色々な思い出がつまった家を解体して新しく家を建てていきますが、新しい家にもその思いをしっかり繋いでいければと思います。


これから解体工事が始まります。まずは人の手で中のものを出していきます。
テレビアンテナは再利用されるので、、事前に引き上げました。



建物を実際に解体していくのは大きな重機の出番です。壊し方を考えて安全第一で解体作業は進みます。

REPORT3  

地鎮祭

2017.02.07

解体が終わり、更地になった状態で地鎮祭を行いました。
とても天気がいい日で、2月なのに暖かい日でした。





土地の神様にこれからの工事の安全を祈願します。
お二人共、これからの安全祈願だけでなく、これまでの感謝もされていたように感じました。



私、吉田もしっかりと安全祈願をいたしました。



そして、一緒に記念撮影☆


場所が高台にあるので、とても見晴らしが良く、宇治市街が一望できます。
地鎮祭が終わると、基礎工事へと工程は進んでいきます。

REPORT4  

基礎工事

2017.02.14

丈夫で安全な家になるよう、しっかりと地盤から強度を高めていきます。







REPORT5  

基礎防水

2017.02.28

おうちの畳スペースから庭がよく見えるように、坪庭スペースの地面を上げることになりました。





基礎の継ぎ目から水が入ってこないように防水処理を施しました。

REPORT6  

土台伏せ

2017.03.06

完成した基礎に土台を敷いていきます。基礎から出ているアンカーボルトに緊結するのは大工さんです。



外部雨仕舞ができてから断熱材を入れるのですが、今のうちに断熱の下地を作っておきます。

REPORT7  

上棟

2017.03.09

ついに上棟です。レッカー車がアームをぐんぐん伸ばします。
アームがどこまでも伸びていきそうな感覚になるくらい最高の天気でした。




屋根の下地となる野地板が貼れたら、屋根屋さんにアスファルトルーフィングを貼ってもらいます。これで工事中に雨が降っても家は守られます。


お施主様、大工さん、屋根屋さん、上棟に携わってくれたみんなと記念撮影☆
これから本格的に現場は進みます。さぁ頑張るぞー!!


上棟式が終わってから現場案内をさせてもらっています。今までは図面での確認でしたが、実際のボリュームで部屋を説明、確認していきます。

REPORT8  

木工事(エボルツ・サッシ)

2017.03.10

木工事は耐力壁の施工から始まります。その際に制振ダンパー【エボルツ】も取り付けていきます。





大きいサッシは大工さんが協力して取り付けます。
中から外からで二人がかり取り付けています。

REPORT9  

屋根工事

2017.04.05

屋根と一緒にソーラーパネルの架台(銀色のレールです)を組み、ソーラーパネルを設置します。
KEIJIはソーラーパネルの設置も自社施工できますので、ソーラーをお安くご提案できます。








今年の冬は結構な降雪があったので念のため、北面の屋根には雪止めを付けました。あとから雪止めをつけるのはかなり割高になってしまいます。





東側には大きな木がたくさんあるので、雨樋には落ち葉ネットをつけています。
ネットのおかげで樋に落ち葉つまりがなくなります。

高台になっているので西側は宇治市が一望できます。屋根のてっぺんから見るとこんな景色です。

REPORT10  

造作工事

2017.04.19



オリジナル造作のTVボード。
右に見切れているPCカウンターと一体になり、統一感バッチリ。
こういったオリジナル造作の家具をその家に合わせてご用意できるのもKEIJIの強みです。それぞれのクオリティも高く、手前味噌ですがレベルの高い仕事です!





キッチンの前の壁には奥様の希望で調味料が置けるニッチをつくりました。壁の反対側は玄関ホールになっていて、そこにもニッチがあります。そこにはご主人さんが製作した絵を飾る予定。
それぞれ尊重しあった家づくりで素晴らしいですね。

REPORT11  

吹抜の御開帳

2017.04.25

吹抜で作業をする為、長らく設置されていた足場が撤去されました。
めっちゃ明るいー!!





ON様も吹抜を見上げて大満足のご様子。外の植物もよく見えます。
『森の中にいるみたい』と奥様。その言葉がすごく心に響きました。

REPORT12  

内部完成

2017.05.27

ようやく建物本体が完成しました。
ハウスクリーニングをして、網戸や畳を納品します。

畳を敷いていきます。畳の下に見える銀色は床暖房マットです。なので、床暖房に対応した畳になっています。


やはり吹抜けから見える景色が素晴らしい。





調理で使う道具や動線を考えてニッチを作りました。ニッチが3段あるので、色んなものが収納できます。



キッチン横の壁を利用した本棚があります。料理の本やお孫さんの絵本等を飾りながら収納する予定です。

REPORT13  

外構工事

2017.06.01

建物本体が完成して、いよいよ外構工事がスタート!全体が完成するまでもう少し。

まずは整地作業から。重機をつかって土を出して整地をしていきます。


外構工事

畑は奥様のご趣味のひとつ。南に向かって、広くとれた畑スペースに奥様も満足のご様子。


外構工事


畳スペースから見えるお庭は特に奥様のこだわりがつまっています。
それを一緒に確認してもらいながら庭を造りました。中から見える角度等を考えて配置をしていきます。


外構工事


お庭の配置が決まって、どんどん仕上げていきます。コケを貼ってもらいます。
植わっている木はサンショウの木です。料理にも使えるのと、サンショウの木にはアゲハチョウが寄ってくるそうで、さらに景色をにぎわしてくれます。

外構工事

お施主様の想いの詰まったお庭が完成しましたー!水鉢はお施主様にご用意いただきました。
お庭の雰囲気とマッチしていてとてもいい感じです。家の中から見える景色も最高です!



こちらは奥様からいただきましたお庭のイメージ写真です。
これらを参考にお庭造りが始まりました。

庭イメージ資料

植物の種類や配置、瓦を波に見せてる雰囲気等奥様のイメージを形にできるよう努めました。

REPORT14  

お引渡し

2017.06.14


ついに、お引き渡しの日になりました。
お引渡し

とっても良いお天気です!

お引渡し

季節によって植物の表情が変わるので工事が始まってから現場に来るのが楽しみだったので少しさみしいです。
こういった環境でこれからお過ごしされるのでON様がとてもうらやましいです。


お引渡し

お引渡し

お庭スペースが見える所で記念撮影。

お引渡し

小杉と僕も加わって、もう一枚!ほんと、このお庭前のスペースは時間がゆっくり流れるような幸せな場所です♪

お引渡し

ON様、おめでとうございます。
これからも末永く宜しくお願い致します。