TEL075-575-1510

HOME > works > 住まレポ > 5-京都市右京区K様邸

住まいレポート

京都市右京区K様邸(新築工事)

REPORT1  

地鎮祭

2015.5.20

気持ちの良い青空の下で地鎮祭を執り行う事ができました。
空一面に青空が広がっていると、それだけで心爽やかに幸せな気分になっちゃいますね♪ 素敵なお家が出来ますように。
地鎮祭

地鎮祭
↓上手に「清め砂」を撒いてくれました(^^)
地鎮祭

【地鎮祭】
土木工事や建物を建てる際に、神様に土地を利用させてもらうことの許しを得て、工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。

REPORT2  

地盤改良

2015.6.3

工事前に地盤調査を行い、必要であれば安全性を保つために、住宅の荷重に地盤が耐えられるよう地盤補強します。
今回は工事は「柱状改良工法」
地盤改良
↓位置決めしたポイントにオーガスクリューで固い地盤(支持地盤)まで穴を掘っていきます。
地盤改良


↓袋の中にはセメントが入っています。セメントと土を混ぜ合わせた改良杭を支持地盤までしっかり伸ばし、地盤を安定させます。
地盤改良

REPORT3  

基礎工事(鉄筋)

2015.6.9

K様邸も基礎工事に入りました。

基礎工事 鉄筋


基礎工事 鉄筋

↑メージャーでピッチを撮影して、確認検査機関に提出しますよ。
 鉄筋の下に見えるサイコロ型のブロックは、スペーサーと言いいます。
 かぶり厚さの確保のために使用されます。

REPORT4  

土台工事

2015.6.24

基礎工事が完了し、土台工事がはじまりました。
耐力壁
耐力壁
水色の板は、断熱材です。
床下には固形断熱材のスタイロフォームを使用しています。


↑社長の上半身がムキムキになったように見えますが。。。扇風機付きの作業服を着ているので、風で膨らんでいるんです。
この空調服で、これからの暑い季節も頑張ります。


LinkIcon施工20年後のスタイロフォームレポート

REPORT5  

上棟げ

2015.6.30

本日上棟げです。
上棟上棟上棟

プレカット
↑(左)プレカットされた木材には、設置場所が分かるように印がつけられています。 (右)上棟後に雨が入らないようにブルーシートで養生中です。

REPORT6  

建材打合せ

2015.7.6

今日は現場で建材屋さんのNさんと、建具枠・階段等の仕様確認打合せです。
配置やサイズ等、実際の場所を見ながら一つ一つ確認をしていきます。
仕様打合せ
↓和室の縦長窓開口
窓開口

↓リビングの横長窓開口
窓開口

REPORT7  

断熱材(セルロースファイバー)

2015.7.25

断熱材のセルロースファイバーが納品されました。

基礎工事 鉄筋


基礎工事 鉄筋

↑こちらが「セルロースファイバー」施工機械に投入して吹き付けていきます。

REPORT8  

屋根工事

2015.7.25

本日、屋根工事。 
気持ちの良い青空、雲に手が届きそうです。
耐力壁
耐力壁


↑扇風機付きの作業服を着て、満面の笑みで写っているのは、新しいスタッフの佐々木くん(大工)です。どうぞ宜しくお願いします。

REPORT9  

床工事

2015.8.4

2階のフローリングを貼っているところです。
フローリングの下に見えているグリーンの板は「プラスターボード」、床材の下に敷く事で遮音効果が期待できます。

耐力壁耐力壁

↑フローリングが貼りが終わったら、床材を傷つけないように養生ボードで保護します。

REPORT10  

PB工事

2015.8.11

墨線に沿って、丸ノコで石膏ボード(PB)を慎重にカットをしている大工さん。
表情から真剣さが伝わってきますね。

石膏ボード

【墨出し】建設現場に必要な線や位置などを床や壁などに表示する作業。

石膏ボード
石膏ボード
↑カットした石膏ボードを張っています。

REPORT11  

カンナ掛け

2015.8.27

こちらは、軒天に使用する米杉(ウエスタンレッドシダー)
大工さんがカンナ掛けをしているところです。
米杉 レッドシダ―


カンナ掛けが終わったら、キシラデコールという保護塗料を塗装
塗料を内部に浸透させることで、カビや虫から木材を守る効果があります。

米杉 レッドシダ―
内部まで浸透しているので、塗装後はしっかり乾燥させます。

REPORT12  

軒天米杉工事

2015.8.27

ウエスタンレッドシダー(米杉)の軒天が出来てきましたよ。
レッドシダ―の自然な色味と、スッキリとした白の外壁との相性が良いですね。
軒天米杉レッドシダー

↓こちらはビフォーアフター。 ずいぶんと印象が変わりますね。
軒天米杉レッドシダー
軒天
軒天米杉レッドシダー

REPORT13  

鉄骨階段

2015.8.27

リビングの鉄骨階段が設置されました。
鉄骨階段

稲妻の部分(ササラ桁)を薄くしてスタイリッシュに。
シンプルな形状なので、ちょっとした厚さの違いでも印象が変わります。

稲妻階段

REPORT14  

内部造作(ニッチ)

2015.8.27

階段横のニッチを設置。
最終の位置は建築士が現場に足を運び、大工さんと打合せをして決めました。

ニッチは壁の厚みを利用して棚を設置するので、筋違と重ならいように
「このへんかな?」っと大工さんが確認しています。
ニッチってこんな風に設置されるんですね。


※写真はイメージです(CASE8ニッチで楽しむ北欧テイスト
ニッチ




REPORT15  

ガラス手摺

2015.9.05

2F廊下の壁に、硝子手摺を取り付けます。

ガラス手摺

ミゾの加工されているとこにガラスがはめられます。
ガラス手摺





REPORT16  

家具塗装(色合わせ)

2015.9.12

家具の塗装色の最終確認中。
今回は、フロアの色に合わせて塗装してもらいます。
塗装屋の森田さんが、カラーサンプルをその場で作って見せてくれました。
塗装工事
塗装前は、塗装箇所以外をビニールで養生します。
塗装工事

塗装工事





REPORT17  

外構工事

2015.9.16

外構工事が完成しました。
最後の仕上げ、洗い中です。
外構工事
植栽に、たっぷり水やりをしています。
外構工事

ポスト横に植えているのは、お施主様ご指定の、株立ちのカエデの木。
株立ちは、一本立ちよりも枝の広がりが大きく、華やかに見えます☆
紅葉が楽しみですね(^^)
外構工事





REPORT18  

機密測定

2015.10.16

建物の気密性能を測定しています。
建物中の全ての戸を閉めて、換気扇の穴等、分かっている隙間を事前に全て塞ぎ、
窓一カ所から、測定器を使って建物内の空気を外に吸い出します。
この時屋内外の気圧差を測定することで、予定外の隙間がどれだけあるのかが分かります。
機密測定
測定中、コンセントの穴から風がヒューヒュー吹き出すので、建物内で空気が動いているの
が分かります。

測定結果は…


C値=0.9c㎡/㎡!!
相当隙間面積=142c㎡!!

かなりいい数値が出ました。
省エネ基準では、寒冷地でC値=2c㎡/㎡、京都などの地域では5c㎡/㎡が基準値です。
KEIJIの建てている住宅の気密性能の高さが証明されました^▽^

機密測定
気密測定は、毎回はしていませんが、ご希望の方にはさせていただいております。

REPORT19  

完成見学会

2015.10.17

お施主様の御好意により、今回も完成見学会をさせて頂きました。
見学に来てくださったお客様にもとても好評でした。
心より感謝申し上げます。
完成見学会
完成見学会

完成見学会
完成見学会

REPORT20  

お引渡し

2015.10.19

お引渡しK様邸のお引渡しさせていただきました。
誠におめでとうございます。

とっても素敵なお家が出来ました♪
これからも、末永くよろしくお願いいたします。