京都滋賀で注文住宅を建てるなら一級建築士事務所KEIJI

断熱材の比較

断熱材とは
断熱材とは
断熱材とは、内壁と外壁の間などに設置することで、室内と外の熱が伝わりにくくするものです。 熱というのは暖かい場所から冷たい場所へと移動します。そのため家が断熱されていないと、冬には家の中の空気を暖房で暖めても、壁や窓を介して外へ逃げて行ってしまいます。夏は室内を冷やしても、どんどん外の熱が室内に伝わってきます。 断熱材を入れることで、その熱のやりとりを減らし、少ないエネルギーでも家の中を快適な温度に保つことができるのです。

主な断熱材の種類と特徴

自然素材系
体に優しく高性能だが、素材と施工に専門の業者が必要になるためコストが高い。
自然素材の主なメリット
耐火性能がある
防音効果がある
防虫効果がある
調湿効果がある
自己消化性がありホルムアルデヒドなどの有毒ガスを出さない
自然素材の主なデメリット
材料・施工費用が高い
自然素材断熱材の主な商品
セルロースファイバー(新聞紙)
ウールブレス(羊毛)
鉱物素材
安価で燃えにくいが結露しやすく有害物質を含む
鉱物素材の主なメリット
価格が安い
耐火性能がある
防音効果がある
防虫効果がある
鉱物素材の主なデメリット
重いため脱落して隙間ができやすい
調湿性能がない(結露しやすい)
結露を起こした場合、断熱性能が低下する
鉱物素材断熱材の主な商品
グラスウール
ロックウール
ウレタン系素材
水に強く断熱性能は高いが燃えやすく、鉱物系より若干コストが高い
ウレタン系素材の主なメリット
水や湿気に強い
軽量
防音効果がある
ウレタン系素材の主なデメリット
ホルムアルデヒド含むものが多い
可燃性が高い
ウレタン系素材の主な商品
ビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)
押出法ポリスチレンフォーム(XPS)
硬質ウレタンフォーム
フェノールフォーム

断熱材比較表

断熱材比較表

KEIJIの断熱材

セルロースファイバーを低価格で
KEIJIの住宅では「断熱」「防音」「防虫」「調湿」「安全性」等の性能バランスを考え、断熱材に自然素材の「セルロースファイバー」を使用しています。 コストが高くなってしまう自然素材ですが、KEIJIではお施主様の負担を少しでも軽減できるよう、施工を自社で行っています。 このため、通常より低いコストでセルロースファイバーを施工することが可能です。
mail