京都滋賀で注文住宅を建てるなら一級建築士事務所KEIJI

case21のびのび子育ての家

建築場所
 : 京都府山科区
家族構成
 : ご夫婦+お子様2人
建 築 士 
 : M.YOSHIDA

ご要望は「自分達らしさがあって、家事が楽にできる住まい」 「完成見学会に参加をして、施主の要望を細かく反映している姿勢に共感を持ちました。自分達らしい家が作れそうだと感じた事が決め手でした」とN様。 メガネと帽子を愛するご主人の書斎スペースにはメガネ専用のオリジナル棚を設え、壁に取り付けたフックには帽子をディスプレイできる。 花粉の影響で「1年の大半が部屋干ししか出来なくて、しかも男の子が2人いるので洗濯物が多いんです」と、お困りの奥様。設計士が提案したのは、洗濯を干すだけのスペースは敢えて設けず、脱衣室を広げて部屋干しができるプラン。 日当たりも良く明るく開放的な空間には、使い勝手の良い家事カウンターが造り付けられており、立ったまま洗濯を畳んだり、アイロンがけもスムーズにできて忙しいママに優しい。 リビングのお子様用の学習コーナーには自然にお片づけができるように考えられた、奥様のアイデアもキラリ。N様らしい住まいが完成。

外 観

「白×黒」のスマートな外観のアクセントになっているのは、木目調のサイディング

リビング

日向ぼっこ”そんな言葉がしっくりくる、のんびりとした心地良さが漂うリビング

造作ディスプレイ棚

壁に掛けられた帽子とメガネはご主人のコレクション。メガネ専用のディスプレイ棚は造作家具

造作家具

リビングにはお子様用の収納が設けられ、帰宅してすぐにランドセルなど学校の荷物が置ける動線になっている

アイアン手摺

吹抜けに面したアイアン手摺はスッキリさせるために両端を壁に埋め込み、少しでも廊下を広く使えるに吹抜け側に配置している

家事カウンター

アイロン掛けをした洋服を、その場でハンガーに掛けられる家事カウンター

脱衣所

「洗濯→干す→アイロンがけ→畳む→収納」がここだけで完結する、あかるく広い開放的な脱衣所

寝 室

寝室は落ち着いた色合いに、ホテルのような上品な雰囲気だ

玄 関

ゆったりとした広めの玄関。十分なスペースが確保された玄関収納のおかげで、玄関まわりはいつもスッキリと綺麗に保たれている

外 構

「黒×アーバングレー」の落ち着いたトーンに植栽の緑が映える玄関アプローチ

間取り図