京都滋賀で注文住宅を建てるなら一級建築士事務所KEIJI

CASE35小上り畳でゴロ寝リビング

建築場所
 : 京都市左京区
家族構成
 : ご夫婦+お子様2人

大事なポイントはしっかり押さえつつ、
コストパフォーマンスの良い会社

KEIJIの建築実例に惹かれていたものの、「もっと良い会社があるかもしれない」と、15社ほどから資料を取り寄せたというH様。資料を熟読し、数社に足を運んだ結果「自分達が重視したいもの(性能・価格・デザイン)がバランス良く備わっていて、コストについても、しっかりと説明してくれる、正直な会社だと感じました」と依頼の決め手を語ってくださいました。和のテイストを取り入れたリビングには、収納付きの小上り畳が配され、子供達の遊び場兼収納として大活躍。明るく開放的なリビングは家族全員のお気に入りの場所だ。「ずっと安全で快適に暮らせるように」と、性能や構造にもこだわり、断熱性に優れたセルロースファイバー・地震の揺れを軽減させて衝撃を和らげる、制振ダンパーに加え、太陽光パネルも搭載しているH邸は、コンパクトながらも、暮らのベースとなる機能が過不足なく収まった快適な住まいになりました。

外 観

間口4.1mの狭小地に建つ、木造3階建てのH邸。限られた敷地ながら、駐車スペースもしっかり確保

リビング

たっぷりの採光が取り込まれ、日中は電気をつける必要がないというリビング

リビング収納

小上り畳の引出しには、子供達の衣類を収納

キッチンクロス

落ち着いたトーンのアクセントクロスで、他の部屋とは表情が異なるキッチンスペース

洗面造作

キッチン横の洗面。朝食を作りながら、子供達の様子を見守ることができたり雑巾等が洗えるのも嬉しい

ワインセラー

ワインセラーが収まる収納のクロスは、ヴィンテージ感が漂うワインボックス柄

ダイニングキッチン

LDKが一直線上に配され、キッチンで家事をしながら家族の様子が良く見える

動 線

限られたスペースでもスムーズに行き来できるようにコーナー部分が斜めにカットされたキッチンカウンター

主寝室

3階の主寝室。吹抜け側の壁に窓を設け、光と空気を取り込んでいる

間取り図

お客様の声

Q1.家を建てようと思ったきっかけは?
  • ・子どもの成長
  • ・家が手狭になったから
  • ・金利・税金
Q2.どのような家で、どのような暮らしを実現したいとお考えでしたか?
構造のしっかりした安全な家で住宅のつくりや性能によるストレスの少ない暮らしをしたいと思っていました。
Q3.完成した家のお気に入りの場所や住み心地、取り入れて良かったと思うプランや設備があれば教えてください。
2階にも洗面を作ったのが大正解でした。ダイニングから洗面の鏡を見たときにキッチンのアクセントクロスと照明が映り込むのも気に入っています。また、上り畳とそこに付随するカウンターは子どものよい遊び場になっているうえに収納として大活躍しています。畳に寝転んだ時にとても開放感があり、部屋全体が明るくなっているので吹き抜けにしたのもよかったです。室内干し用のワイヤーももはやなくてはならない存在です。玄関に入ってすぐのクローゼットも家がすっきりしてとてもいいです。 これまで冬の結露に悩まされていましたが、結露を気にすることは全くなくなり、熱効率も良いようでエアコンをかけっぱなしにしなくてもよく、非常に快適です。
Q4.会社選びでで重視したことは?
  • ・デザイン
  • ・価格
  • ・施工力(大工の技術)
  • ・構造や性能(断熱性能 等)
Q5.会社選びについて、エピソードやコメントがあればご記入ください。
もともと貴社から一番に資料の取り寄せをしましたが、ほかにももっと良い会社があるかもしれない、と思い15社ほどに資料請求をし、カタログを熟読しました。が、結局機能面、価格面、デザイン性等我が家で重視したいと思っているものが非常ンバランスよく備わっているのは貴社だとわかり、相見積も取りませんでした。
Q9.満足度は?。(満足・やや満足・どちらでもない・やや不満・不満の5段階)
  • ・設計対応…満足
  • ・価格提案…満足
  • ・担当者の対応…やや満足
  • ・施工対応…やや満足
  • ・保証・アフター…やや満足
  • ・完成した家の住み心地…満足
Q6.弊社にご依頼いただいた、決め手を教えてください。
私と夫が家に対して求めていることを予算内で実現できる会社だと思ったからです。